大阪府沿岸歩き:大阪市住之江~尼崎市大物(伊能でGO)

2018年1月7日(日)


年末に始めた、和歌山との県境から、兵庫県との県境まで、大阪府の沿岸を歩き通すという試みも既に5日目。大阪市の住之江からスタートする。今日はなんとしもゴールしなければならない。未だ初詣客で賑わう住吉大社を避けて国道26号線を北上うする。



住吉の高燈籠。創建は鎌倉時代で、我が国最初の燈台と言われる。住吉大社の常夜燈が、次第に航路標識としての役割に変化したものらしい。もっとも、今あるのは、コンクリート造りで再建されたもので、内部は史料館になっている。



住之江区を北上して、木津川を渡る千本松大橋、通称メガネ橋にやってきた。橋の上部に至るまで、グルグルと2周回って登っていく。



高さ36mの橋を上るのも少し億劫に思え、渡船に乗る誘惑にかられたが、なんと15分ごとの渡船が出発したところ・・・。仕方ない、15分あれば、橋を歩いて渡る方が早い。



一見歩けそうにない橋だが、歩行者も自転車も通行可能。この橋を建設した際に渡船は廃止の予定だったそうだが、地元の猛反対で渡船は継続したと聞く。確かに実際に歩いてみれば、渡船の有難さが判る。



橋の上まで登り切るとさすがに絶景が広がる。木津川の向こうには、梅田周辺の高層ビル群が見渡せる。



前方を見ると、マンション群の向こうは橋ばかり。長い橋を歩いている人ほとんどいないので、大阪の橋歩き結構楽しい。もっとも、自動車専用で歩行者には開放されていないものが多いのが残念だ。



橋を渡ると大正区。片側3車線の大正通が南北を貫いている。おそらく御堂筋とほとんど道幅は変わらないのではないだろうか。



もっとも3車線のうち1車線は、バス専用レーンになっているといっても過言でもないほどに、バスの本数が多い。地下鉄が市内交通の主役になった今、地下鉄が走っていない大正区と此花区に市バスの半分くらいが集中しているのではなかろうか。



阪神高速西大阪線と国道43号線に併設された歩道橋を通って尻無川を渡る。



自動車道の下に、回廊のような感じで歩行車道が設置されている。



尻無川を渡って港区に突入。あまり写真に撮りたくなるものも見当たらないまま、国道43号線を北に進む。



安治川を渡って此花区に入る。ここまで歩いてきた、大正区や港区同様、海抜が低いところだ。海抜マイナス地帯が続く。



淀川を渡る伝法大橋にやってきた。橋長は765m。夕方になり、気温も低くて風も強くなってきた。



橋のたもとにある、可動式の防潮扉を覗き込んでみる。津波・高潮時には橋そのものが水没する恐れがあるため、防潮堤が途切れている橋の入口を鉄扉でブロックするものなんだけど、随分長くて大きくて、操作は大変そうだ。



伝法大橋でも、歩いている人は全く見かけない。が、自転車で行き来する人は意外なまでに多い。



あらためて橋脚の骨組みを観察する。何本もの鉄骨が、微妙な曲線となって組み合わされている。力学的に計算され尽くした結果なんだろうけど、頑強というより優雅で美しいデザインと感じてしまう。



併行して走っている阪神西大阪線。今まで気付かなかったが、近鉄奈良まで乗り入れている列車は奈良側の2両が近鉄、残りが阪神の車両が連結されているようだ。



伝法大橋を渡ると西淀川区となる。湾岸線の中島入口が近づくにつれて、「環境割引」のPR看板が多数現れる。国道43号線沿線の環境改善問題対策の一環だ。



国道43号線沿線の環境問題とは、主に騒音のことだと思っていた。事実、43号線に沿って、防音壁と思われるものが随分多く見られるのだが、阪神高速のロードプライシングの説明では渋滞緩和による大気環境改善を目的にしている。



神崎川。随分と防潮堤が高い。川岸には随分平坦な道?が広くとられているが、そこに至るルートが猿梯子以外に見当たらない。



ついに兵庫県尼崎市に到着。大阪府の沿岸をやっとのことで歩ききった。とはいうものの、海沿いをずっと歩いた訳でもないせいか、イマイチ達成感は乏しい・・・。



未だ入館するチャンスが無いユニチカ記念館の前を通って阪神大物駅に向かい、本日のウォーキングはお終い。



伊能でGOの尼崎のスタンプをゲット。尼崎では恒星の測定なんてのも行ったという記録が残されているようだ。今や星の観察には最も不向きなところなんだけどねぇ・・・。



伊能でGOでゲットしたスタンプポイントには、スマホ上の地図に「到着」の幟が立つ。大阪府はコンプリートと思いきや、伊能忠敬が宿泊した全てがポイントになっているため、内陸部にもスタンプポイントは多い。都道府県単位でのコンプリートさえ容易ではなさそうだ。



本日の移動軌跡。ちっとも沿岸歩きにはなっていないが、まあ、江戸時代の沿岸はこのあたりではなかったかと思う。




大阪府沿岸歩き:泉大津~大阪市住之江(伊能でGO)

2018年1月4日(木) ②


泉佐野六社参りをあっさり断念し、南海電車に再び乗って泉大津駅にやってきた。先日来、大阪府の沿岸を歩きとおそうと岬町の和歌山県境をスタートして既に3日が経過している。今日はなんとしても大和川は超えないと5日間での完歩さえ怪しくなってくる。



泉大津は全国の毛布の大半を製造している「毛布の町」なんだけど、羊のお面を被った怪しげな「謎の羊バンド」で盛り上げを図るべく、メンバーを募集中だ。メンバーも曲も決まっていないのに、ブランケッツというバンド名だけは決まっているようだ。



今日も紀州街道を進む。田中本陣という地域の庄屋宅が残っている。立派な長屋門と長大な築地塀に囲まれた広大な敷地のなかには、大庭園や屋敷林があり、当時の建物の多くが残されているようだ。岸和田城からはさほど距離も無いところなので、実のところ紀州藩専用の本陣ということになるのだろうか。



高石市に入る。古い狛犬や灯籠があるので、さぞかし由緒のあるお寺かと思ったが、敷地内にあるのは公民館・・・。街道沿いには多くの寺社があり、そのいくつかは廃れてしまったのかもしれない。



高石神社。高石市を代表する神社に、色とりどりの幟が掲げられていて、とても華やかだ。幟は、この地でも盛んなダンジリの町割りごとに1本ずつ建てられているようだ。



南海本線羽衣駅からわずか2駅、海岸部に向かって走っている南海高師浜線の高架下を行く。羽衣駅の高架工事も進み、これまた鳳駅までわずか1駅のJR羽衣線の東羽衣駅との間を連結する歩行者デッキが設置されるらしい。



堺市に入り、本日のハイライト、南海浜寺公園駅にやってきた。1907年に設置され、国の登録文化財にもなっている洋風木造の駅舎が高架工事のため移設されている。その左で仮駅舎の運用が始っている。



曳屋工法というらしい。駅舎が基礎から切り離され、ジャッキアップされて数十メートル横移動させたというのがよく判る。



浜寺はチンチン電車、南海阪堺線の始発駅。駅名は「浜寺駅前」。駅名に駅前は無かろうと昔から違和感を感じているのだが、チンチン電車の場合、正確には駅ではなく、停留場というそうで、何も矛盾はしていないらしい。



久しぶりに5500本もの松が生育しているという広大な浜寺公園のなかを少し散策してみる。大久保利通の惜松碑がある。明治初期、大阪府がここの松を伐採するとの話を聞いて、大久保が和歌で平安以来の名勝の破壊を戒めたという。



惜松碑の傍には、堺出身の歌人、与謝野晶子の歌碑もある。堺市内には与謝野晶子の歌碑が23もあるらしい。



チンチン電車が南海本線の上を越すべく、頑張って坂を上っていく。なんだか愛おしく感じてしまう。



堺市に入ると、突然紀州街道の標柱が多く見られるようになる。堺市が建てているのはいいけど、数が多すぎはしないかぁ・・・。200~300mおきに立っているように感じる。それに、こうした取り組みは、近隣の市町村とも歩調を合わせて、街道を通して同じ標柱を立ててもらいたいものだ。



石津川の河畔に立つ北畠顕家の供養墓。奥州軍を率いて長駆上洛したが、奮戦むなしく、この地で高師直軍に討ち取られた。今も地域の方々に手厚く供養されていることが窺える。



顕家の供養塔の真ん前にあるのが太陽橋。説明板によると、どこにでもありがちな「太陽橋」という橋は日本でひとつとのこと。大和川が付け替わる前には堺を貫く主流として、巨大古墳に使われた石材を運び入れたと伝わる石津川に相応しい壮大な名前だ。



日本最古の戎社と言われる石津太(いわつた)神社。蛭子がこの地に漂着し、携えてきた五色の神石を置いたという「五色の石」が埋められたという場所が正面鳥居前にある。鳥居を潜ると北と南の2つの拝殿が並んでいる。まったく同格に見えるため、片方にだけお賽銭という訳にはいかない・・・。



紀州街道沿いにある小学校の横に古い風車が置かれている。4~50年前には、この辺り一帯には、畑の灌漑のための風車が多数見られたものだが、住宅化が進みそんな田園風景を想像することさえ難しくなっている。



堺の中心、宿院で、伊能でGOのスタンプをゲット。あらためて調べてみると、伊能忠敬って、村名主を隠居した50歳で測量の勉強を始め、55歳から71歳にかけて全国の測量をしたという。まさに一生を二度生きた人だ。見習いたい。



宿院の交差点近くにある堺コンベンション協会には、百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産の国内推薦が決定したことを祝う垂れ幕がある。それはいいとして、「千利休を大河の主人公に」というのはどんなもんだろう。どうもダークな雰囲気が強いだけに、それを払拭したいということだろうか。



宿院から少し北に行くと、与謝野晶子生家跡を示す立派な碑がある。これまで写真のこちら側に与謝野晶子の生家であった和菓子屋があったのだと思っていたが、よく読むと、チンチン電車が通るなど今は拡幅された紀州街道の道幅ほぼ一杯が店だったようだ。奥行40~50mもある大店だったことが判る。



ザビエル公園。フランシスコ・ザビエルがこの地にあった豪商の邸宅を訪問したことで命名されたのだが、多くの人はザビエルの銅像が無いことにガッカリする。公園にあるのは「聖フランシスコ・ザヴィエル芳躅」と書かれたに古い銅板が嵌め込まれたシンプルな石板だけだ。



少々違和感があるが、ザビエル公園には堺鉄砲之碑というものもある。まあ、日本史において、鉄砲伝来とキリスト教伝来とはセットのようなものなので、これでいいのかもしれない。



日没との競争のように堺市内を歩き抜けて、大和川南岸にある阪神高速に新たにできた鉄砲入口までやってきた。「鉄砲町」ではなく「鉄砲」と付けられた名前にドキッとする人も多いのではないだろうか。



暮れなずむ大和川。何度も通る道だが、昼と夜の狭間の僅かな時間にだけ見ることができる光景は、どこか神秘的なものに見える。大阪市に入ってひとつめの南海本線の駅、住ノ江駅でウォーキング終了。



本日の歩行軌跡。なんとか最低目標であった「大和川を越える」は達成できたが、足首を少し痛めてしまった。17km程度で情けない・・・。



残りは大阪市内を突っ切るのっみ。どの道を行こうかなぁ・・・。