冬の赤目四十八滝

2018年2月18日(日) ②


名張でひと歩きした後、赤目四十八滝に向かう。AKB48が世に出てきた際に、AKAME48との類似性を感じたものだが、テレビなどでも誰もそれに触れる人を見かけなかった。赤目四十八滝がそれほどマイナーとは思えないのだが・・・。



近鉄赤目口に到着。滝に向かうバスに乗るための行列を収容する長~い待合がある。しかし冬はオフシーズンなのか、バスの本数も少なく、他にバスを待つ人はいない・・・。


 バスに乗ること10分ほどで赤目滝に到着。驚いたことに川が凍結している。ということは、この上流にある滝も凍っているのかぁ?それとも氷の下を川の水は流れているのだろうか。気温は高いが、昨日の三峰山登山の装備があるので、多少凍っていようが、雪が積もっていようが、大丈夫のはずだ。



  冬季のせいだろうか、ビジターセンターでは滝巡りより、忍者体験の方をウリにしているようだ。赤目滝は伊賀忍者が修行したところと伝わるが、体験用に用意された色とりどりの忍者衣装を見れば、かつての忍者たちはビックリするだろう。



トイレのサインも忍者。



滝の入口は「日本サンショウウオセンター」になっている。入場料が400円。滝や道を整備するための費用だと思えば、高いものではない。



 サンショウウオの見学は後回しにして、早速滝道に入る。入口には赤目牛の石像がある。地名の由来となった赤い目をした牛だ。



赤目五瀑と呼ばれるメジャーな滝が5つある。そのひとつ不動滝がまず現れる。なかなかの迫力だ。滝の周囲が凍っている。昨日の三峰山登山、そして早朝の名張散策で、結構疲れているはずなんだけど、滝のパワーが体に染み込んでいるのか、元気いっぱいだ。



明治の中ごろまでは、この不動滝の奥には立入が許されていなかったそうだ。今は川に沿ってしっかりとした遊歩道が出来上がっていて、両岸ともに見上げるほどの渓谷の中を歩いて行くことができる。



実は赤目四十八滝にやってきた主目的は赤目五瀑ではなく、マイナーな大日滝を見に行くことなのだ。情報によると、この冬の寒さで完全氷瀑となっているらしい。もっとも大日滝に行くのは容易ではなく、川を渡渉して、ロープが張られた急坂を100m近くよじ登っていかなければならない。



喘ぎ喘ぎ坂をよじ登っていき、ついに大日滝にご対面。わずかに水が流れているところもあるが、高さ30mの完全氷瀑といっていいだろう。見事なものだ。



遠目に全体を見ても見事だが、近寄って部分的に見ても美しい。瞬時に凍結したわけではなかろうが、そう見えてしまうほど、あるところでは流れるように、またあるところでは撥ねるように、水の動きそのままに氷結している。



大日滝だけでもう十分満足したのだが、帰りのバスまで時間があるし、体力的にも余裕があるので、さらに上流を目指して歩いていく。千手滝だ。水の流れが、岩にぶつかりながら、何本もの水流に分かれて落水していく。



3月から11月の間、「赤目滝ではスタンプラリーが開催されていたようだ。期間外なのだが、スタンプ置き場は常設のしっかりしたものがあり、台紙もスタンプもある。何ももらえないことは判っているが、スタンプがあると滝を巡るモチベーションアップに繋がるものだ。



滝を巡る、というのは、あまり適当な言い方ではない。ひとつの川に何十もの滝が直列に連なっているわけだから、川の上流に向かってどんどんんと坂を登っていかなければならない。階段も整備されていて危険は無いのだが、鉄の手摺がやけに冷たい。



柱状摂理というのだろうか。川の両岸には四角い岩が積み重なるように立っている。



布曳滝。千手滝とは対照的に、一条の布を掛けたような細い滝だ。



同じ川なんだから、どの滝も水量は基本的に変わらないはずで、滝の幅は細いだけに水流は速い。これほどの水流のジェットスライダーはどこのプールにもあるまい。



百畳岩。川にゴロゴロと岩がある。岩に半ば閉ざされた水域は氷結していて、子供たちがスケートのマネなどして遊んでいる。冬季オリンピックに触発されたのかもしれない。



よく見ると川の両岸の巨大な岩は、地表から浮いているところが見られる。ということは、隆起してきたのではなく、上から落ちてきたのだろうか。川の中にある岩もそうなのかもしれない。



道端にある、滝とまでは言えない水流も見事に凍って氷柱となっている。容易に割れそうに見えるのだが、とても固くて分厚くて、叩こうが蹴ろうがビクともしない。



 ところによっては、道を塞ぐように水流が凍結している。上流に進むにつれて、道も凍結しているところが増えてきた。



荷担滝。「にない」の滝と読むらしい。パンフレットには渓谷髄一の景観と紹介されている。周囲には三脚を立てて撮影するカメラマンが何人もいた。



この程度の落差の滝でも名前がついている。階段滝だ。そもそも赤目四十八滝というが、48あるのではないようだ。48は「たくさん」との意味らしい。その点AKB48にも通じるところがある。



琵琶滝。赤目五瀑最後の滝だ。さらに進むと岩窟滝というのがあるようだが、道の氷結がひどくなってきたし、帰りのバスのこともあり、ここでUターンする。


来た道をそのまま歩いて帰りバス停へ。さすがに帰路は基本的に下り坂なので楽ちんだ。滅多に乗ることのない三重交通バスで再び赤目口駅に戻る。



滝まいりスタンプラリー。5つ目のスタンプは、滝入口付近の売店でもらえるようだが、この季節、売店はほとんど店仕舞いしている。



本日の歩行軌跡。全く同じ道を行って帰ってきたのに、微妙に線がずれている。渓谷のなかということでGPSが届きにくかったのかもしれない。



人も適度に少なく、ヒンヤリ感は厳しいものの、そのおかげで爽快に歩けた。氷瀑も見事で言うこと無し。他の滝にもいっぱい元気をもらえた。冬の赤目四十八滝、お勧めのスポットだ。

昨日の三峰山登山に続いて、今日は名張で10km、赤目で10km、計20km歩いて、さすがに疲れたけれど、心地よい疲れだ。先週の三峰山登山翌日は疲労でフラフラだったのに、今週末はよくやったと自画自賛してしまう。








名張散策(3社沿線クイズ&スタンプラリー③)

2018年2月18日(日) ①


昨日、三重・奈良県境にある三峰山への登山後、帰宅せずに名張駅前のビジネスホテルで一泊。近鉄・阪神・山陽3社沿線スタンプラリーの10コースのうちのひとつ名張コース制覇のためには、帰宅するより宿泊する方が効率的と考えたためだ。



それにしても、このコースは4年前のものと丸っきり同じ。( http://inam-walk.blogspot.jp/2013/11/blog-post.html 参照)ポスターやパンフレットに随分な資金を投入しているイベントなのに、ウォーキングコース設定にどうしてここまで手を抜くのか。毎年のように同様の手抜きを続ける近鉄には猛烈抗議をしたい気分だ。4年経てば何かが変わっているのだろうか。早朝にホテルをチェックアウトして名張駅西口を出発する。



名張駅前は居酒屋が多いところだ。というか、居酒屋しか無いといっても過言ではない状態。大阪へのベッドタウンという印象が強い街だが、おとなしい雰囲気ではない。



名張藤堂家。織田家重臣で大大名となった丹羽長秀から養子を貰いうけたものの、実子が生まれたため廃嫡されて名張に押し込められた。秀吉時代以降の丹羽氏の凋落とも無関係とは言えないだろう。藤堂という家は何かと変わり身が早い。一方気の毒な名張藤堂家だが、名張市のニュータウン桔梗が丘は、名張藤堂家の桔梗紋が由来と聞いて、ちょっと嬉しく思う。



名張の中心部から一旦北に向かう。前回もそうだったのだが、こんな無粋な道を歩かせる意味が解らない。もう少しいい道は無いものか・・・。



4年前にボロボロになっていて、イザという時に役に立つのか、と懸念していた水門ゲートは修理が行われていた。



住宅地のなかに突如現れる伊賀牛の牛舎。人懐っこい牛たちがカメラを向けると寄ってくる。まだ朝が早いので、朝食にありついていないのかもしれない。



初瀬街道にやってきた。いくつかの建物は、最近改装されているようで、以前より少し旧街道の趣が感じられるようになってきているようにも思える。



しかし、総じて旧街道初瀬街道の雰囲気づくりは道半ばの感は拭えない。地方都市にありがちな、草臥れ感の強い店舗や家屋が少なくない。



秋葉愛宕神社 神社に民家や集会所が付随しているのはよく見かける光景だが、ここでは神社が完全に飲み込まれてしまっている。



名張の市街地には、治水のためか灌漑のためか、あるいは下水のためかは不明だが、水路が張り巡らされている。家々を縫うように「ひやわい」と呼ばれる細い路地が見られる。



名張という地名の由来は「隠」なんだそうだ。隠の字が「なばり」と読めるとは漢字辞典には出てこないが、伊賀国が奈良・京・大坂・伊勢などに近いにも関わらず周囲と隔離され、独特の統治が行われてきた「隠れ里」的なところ、ということなのだろう。



スタンプラリーのパンフレットにも紹介されている和菓子食べ歩きクイベント。コースの設定も和菓子屋を多分に意識しているようだが、週末は閉店しているところが多いのだ。



街道にど真ん中にドーンと据えられている宇流冨志禰神社一の鳥居と名残の松。お伊勢参りの旅人たちが、かつてこのあたりで団子などを頬張っていたのだろうか。



「えんむすび通り」なんてものが出来ている。こんなの4年前にあったかなぁ。何の歴史も由来もなさそうな町おこしの一環のように思える。水路に沿って縁結びを祈願するための男女二体の石造が設置されている。絵馬ならぬ「縁馬」なども吊り下げられている。



大きな杉玉が吊られた造り酒屋。街道に沿って名張の旧市街を歩いていると、染屋とか表具屋とか、最近町では見かけなくなった店にいくつも出会うことができる。



名張出身の小説家、江戸川乱歩の生誕地が公園になっている。「生誕地碑広場」というのは、あまり耳にしたことがないが、妙な記念館やオブジェで飾りたてるより、このように近所の子供たちが元気に遊びまわる公園にした方が故人も喜んでいるのではないだろうか。



名張川に沿って、近鉄の東部に歩いていく。三重県を流れる川なんだけど、調べてみると木津川に流れ込む淀川水系の河川なのだ。



近鉄名張駅から東側に名張中央公園が広がっている。陸上競技場、野球場、体育館、テニスコートなど、敷地をたっぷりと使っての立派な体育施設が並んでいる。桜の木が多く、春の満開時にはさぞ美しいところだろう。



名張市役所の前に、室町時代に能を大成させた観阿弥の像がある。この地の出身なんだそうだ。元々は猿楽だったのだろうか。



市役所前のバス停。東京行の高速バスから、コミュニティバスまで、随分と賑やかなことになっている。



派手な理髪店。この種の店は北陸地方に多いという印象がある。これでもかというほどに赤・青・白のサインポールで飾りたてている。それより、この店はシニア料金があって、60歳以上は15%ほども割引になっている。自分もシニア料金で散髪できる年齢になったんだと、逆にちょっとセンチな気分になる。



 近鉄名張駅東口。西口に比べるとちょっとモダンな雰囲気になっている。



歩行軌跡10km弱。昨日の疲れもあまり残っておらず、サクサクと歩き通すことができた。



未だ10時にもなっていない。このまま帰るのは勿体ないので、念のために調べておいた赤目四十八滝に向かう。名張駅から赤目口駅まで僅か1駅だ。(②に続く)