甲山ハイキング

2018年5月20日(土)


あまり眠れない日が続いているせいか、体力的にも、気分的にも、あまり長い距離は歩けそうにない。ということで、いつの日にか、と溜め置きをしているウォーキングルートのなかでも比較的短距離となる西宮市のシンボル山、甲山(かぶとやま)登山に出掛ける。



午前中はボーっと過ごしてしまい、スタートの阪急今津線の甲東園駅に到着したのが、14時前。低山とはいえ、山登りには遅すぎるぞ。最近には無い低気温で、蔵っていた長袖を引っ張り出してきた。



15分ほど坂道を登っていくと、関西学院大学に到着。正門から見て真っすぐ向こうに目指す甲山がある。この正門の周囲には、20人以上のマスコミがカメラを抱えて陣取っていた。アメフト日大戦での非道タックルで、謝罪に訪れている日大監督を待ち構えているようだ。



薄レンガ色に統一された美しい関学キャンパスを抜け、「阪神水道企業団施設道路」と表示された坂を登っていく。淀川から、神戸方面に水道水を供給するための浄水場や貯水池がこの辺りにあるが、その建設に伴う盛土が阪神・淡路大震災による大規模な地すべりを引き起こした一因とも聞く。



34人もの犠牲者を出した仁川百合野町にある「地すべり資料館」を訪問する。土砂災害の3つの形状、「地すべり」と「がけ崩れ」と「土石流」の違いとそれぞれのメカニズムが良く理解できた。
 


地すべりの現場は、大がかりな対策工事が行われ、今では芝桜の名所になっている。しかし花園の下には、観測井戸やセンサーなど、地すべり被害の再発防止策が施されているらしい。



地すべり対策が施された斜面を登り、イノシシ柵を抜けて、ようやく登山道に入る。なかなか楽しそうな山道だ。



と思っていたら、間もなく平坦な舗装道に合流してしまう。登山といっても、甲山は小学生の遠足レベルの山だから、まあこんなものだろう。



甲山森林公園のシンボルゾーン。公園中央のプロムナードの突き当りにある噴水の向こうに甲山が聳える。手元の高度計では約150m。標高309mの甲山山頂までは、残り160mほど。50階建のビルを登るのに相当する。



西宮市立甲山自然環境センター。宿泊施設もあり、自然学習施設やキャンプ場が併設されている。



自然学習館で、甲山登山記念スタンプカードを入手。春・夏・秋・冬の4つのスタンプ欄がある。季節ごとにスタンプは変わるので、四季の甲山を制覇して、ようやくコンプリートできるという仕組みだ。



甲山自然環境センターの脇から甲山に登るのだが、登山口には不似合いな赤い屋根に青い壁というメルヘンチックなミニチュアハウスが建っている。西宮市の観光キャラクター「みやたん」のお家らしいが、中は空家状態だ。

 

大した標高ではないが、見た目のとおり、結構な勾配だ。雨が降ると沢になると思われる道を登っていく。



なんと「頼朝塚」なるものが現れた。頼朝って、源頼朝以外考えられない。何故ここに鎌倉で死んだはずの頼朝の塚があるのだろう・・・。帰宅後調べると、甲山の麓にある神呪寺を再建したのが頼朝ということに関連して誰かが拵えたようだ。



延々と階段は続く。息がきれて立ち止まるが、大きなムカデがいたりして、落ち着いて休憩できない。



体調面では最悪に近いコンディションだったけど、低気温のおかげで、さほど苦しむことなく頂上に到着。 頂上部は意外なほどに平坦な広場になっている。



神呪寺方面に下山していく。大阪方面が一望できる。写真の真ん中下に映っているのは、関学のアメフトのグラウンドだ。



階段には手摺りも設置されているなど、小学生など足弱なハイカーにも配慮された登山道になっているが、手摺りの腐食・劣化がひどい。グラつくところには、赤い布や注意標識があるが、そろそろ全面的に更新した方が良さそうだ。

 

神呪寺まで下りてきた。神呪寺とは、恐ろし気な名前だが、神(ここでは甲山)「の」寺の意味らしい。しかし、「の」に「呪」の字を当てるとは大胆な命名だ。



正面の門まで下りて振り返ると、甲山と神呪寺が一体化していることが判る。何となく、大神神社と三輪山の関係に近いものを感じる。



神呪寺から甲陽園方面に向かっていると、甲山四国八十八ヶ所なるものを発見。どうやら四国八十八ヶ所に合わせて88の石仏が設置されているようだ。後で調べてみると参拝道は約2km。適度なアップダウンもあって、なかなかユニークなハイキングが楽しめそうだ。



甲陽園の住宅街に入る。坂道に大きなお家が並んでいる。このあたりの真下に山陽新幹線が走っているようだ。家の下の新幹線、というのは、どうにも落ち着かないようにも思えるが、何十mもの地下ともなると、音も震動も全く伝わってこないのだろう。



複雑な地形を宅地化したのだろう。勾配はかなり急で、勾配の向きも複雑に入り組んでいる。



参考にした阪急ハイキングのマップでは、さらに苦楽園まで歩くようになっているが、先日のガベノ城登山でも歩いた道だし、夕刻にも差し掛かり、体調も気分も優れないこともあって、今日は阪急甲陽線の終着駅、甲陽園駅から帰宅する。



歩行距離は9km弱。いつもなら少々寂しい距離だが、今日のところは、この程度で十分すぎた。



眠れないから元気が出ない、元気が出ないから歩けない、歩けないから疲れない、疲れないから眠れない、という悪循環が続く。今晩も眠れないまま、外は明るくなっている。

大阪御堂筋アート2018スタンプラリー

2018年5月18日(金)


勝手知ったる御堂筋でアートスタンプラリーが開催されている。淀屋橋から本町までと、僅か1kmの間に16ヶ所のスタンプポイントが設けられている。デジタルスタンプなのが少し残念だけど、会社の昼休みにチャチャっとやっつけてしまうことにする。



淀屋橋と本町の中間地点にあたる道修町付近の御堂筋西側歩道からスタート。スタンプポイントの大半は歩道に多数設置されている彫刻だ。



 彫刻の脇にあるプランターに貼りつけられているQRコードをスマホカメラで読み取ると、彫刻の説明が表示される。これは、「考える人」などで知られる近代彫刻の父、ロダンの作になる「イヴ」。



スタンプGETすると、何とも無粋な表示が現れる。デジタルスタンプラリーなんだから、せめてもう少し気の利いたデザインにしてもらいたいものだ。



御堂筋沿いには、淀屋橋・本町間に30近い彫刻が設置されていて、どれも何千万円ほどもの値打ちのあるものと聞いているが、実のところ、道行く人々のほとんどは彫刻など見向きもしていない。



厄介なことに、彫刻脇のプランターは低く、QRコードを撮影するには思いっきり腰を屈めないといけない。職場も近く、昼休みということもあって何人もの知人に出会い、何してるんですか?と怪訝そうに尋ねられる。



スタンプポイントは彫刻ばかりではなく、最近設置されたパークレットなる場所もスタンプポイントになっている。にぎわいや憩いの空間の創出のために側道を一部割いてベンチなどを置くという社会実験だが、その意義はともかく、今回のテーマであるアートとは関係無さそうだ。



淀屋橋ODONAの2階にある、まちづくり情報発信拠点「iSPOT」もスタンプポイントになっている。アート作品が何点か壁に掛けられている。御堂筋の空きスペースにアート作品を置くことで、大阪の文化向上、にぎわいづくりに繋げるとの触れ込みだが、昼休みにも関わらず、室内は無人だ・・・。



一方通行の御堂筋は、信号が北から南への順々に変わっていくことで、信号待ちの回数を極小化している。そのため、平日の真昼間とは思えないほど、車が映り込まない写真も撮れる。



淀屋橋の手前でUターン。御堂筋の東側の歩道を南下する。御堂筋の歩道にほとんど座り込むような姿勢でQRコードを撮影していく地道な作業が続く。気温は高いが、心は寒い。



QRコードのある銘板には、「(設置者)大阪市都市計画局」とあるが、これらの彫刻は、御堂筋沿線の企業の寄付によって設置されたものだ。維持管理も沿線企業有志から成る一般社団法人だ。



 御堂筋のにぎわい作りに大阪市が随分ご執心のようで、このような飲食店やショールームが、元来オフィス街の淀屋橋・本町間にも少しずつ増えてきたが、狙い通り週末も賑わうエリアになるのだろうか。



梅田~難波間の御堂筋には市バスが走っている。地下鉄の真上だ。停留所数は、地下鉄の駅数の倍ほどあるが、時間は地下鉄の2倍以上かかる。徐々に本数が減っているようだが、乗客も少なく、必要性が疑問だ。民営化されて、この種のバス路線がどうなるのか注目だ。



本町のセントレジスホテルでUターンし、再び御堂筋西側歩道を北上していく。



北御堂までもがスタンプポイントになっている。正式名称は浄土真宗本願寺派 本願寺津村別院という。階段を上るのが鬱陶しい・・・。



スタンプゲットのためのQRコードを探すのに、かなり手間取ってしまう。随分奥まったところにアート作品が飾られていて、その横にようやくQRコードを発見できた。



北御堂で、全国に61か所もある西本願寺系の別院を対象としたグランドツーリングなるスタンプラリーがあることを発見。スタンプ8つで、西本願寺国宝巡りに招待してもらえるらしい。もっともスタンプを貰うには、期間限定の報恩講に参加しなければならないらしい。う~ん、生半可な気持ちでは挑戦できない。



御霊神社で最後のスタンプをゲット。拝殿の横に、近代アート作品が設置されている。



16ヶ所のスタンプを無事コンプリート。スマホ画面の御堂筋のマップに16本の旗が立った。これで後日市役所で行われる抽選会で2回クジが引けるらしい。スタンプラリーはデジタルなのに、抽選はアナログというチグハグなイベントだ。
 


長らく工事中だった、100m超の三菱UFJ銀行ビル(旧三和銀行本店)が完成間近だ。旧来の高さ制限31mが近年なし崩し的に緩和されてしまった。同じ軒高のビルが並ぶ美しいスカイラインに匹敵するアートの回復は容易ではないと思う。



御堂筋にズラリと並んだ、エキスポ誘致のフラグにも芸術性が感じられない。要らない文字が多すぎじゃぁないか。大阪・関西へ、と京都や神戸の心証を気にしているところも小賢しい気がしてならない。



歩行距離は2kmほどだが、昼休みの時間を目いっぱい使い切ってゴール。事務局のご苦労は判りつつも、辛口コメントばかりになって申し訳ない。気持ちが荒んで、ネガティブな見方しかできなくなっているようだ。

【番外】グアム

2018年5月12日(土)


出張でグアム島に出かける。これまでグアムもハワイもサイパンもバリもプーケットも行ったことがなく、60歳にして初の南国リゾートだ。



仕事が終わって夕食までの少しの空き時間に、ホテルの横のビーチに出てみる。まあ、覚悟はしていたものの、暑くて湿気も多くて、とても歩き回る気にならない・・・。



海はキレイなんだけど、スコールの直後のせいか、ほとんど人がいない・・・。



ビーチには、やけに高波や強風への注意喚起、さらに貝を採るな、蛸を採るな、などの禁止事項を書き並べた看板が目に付く。



せっかく海水パンツを持ってきたのだが、海に入るのはあきらめて、ビーチ脇のプールでひと泳ぎ。久しぶりのことで、本当のひと泳ぎで、ドッと疲れ果てる。大半の時間は、ビーチベッドとジャグジーで過ごす。



 プールにも飽きて、ホテル周辺を海水パンツのまま歩き回る。見たこともない実や花を付けた植物に目が惹かれるものの、名前はわからない・・・。



ネットで調べたところ、これはプルメリアという花のようだ。(自信はない・・・) 太平洋の島々では、未婚者は右に、既婚者は左の髪に飾るそうだ。



これがブーゲンビリアってやつだろうか。もっと濃い色だったようにも思うが・・・。間違っているかもしれないが、グアムの青い空に映えてとても華やかだ。この際名前などどうでもよかろう。



現地の人との懇親会も兼ねて、ビーチで会食。ビーチに簡単なテーブルとイスを並べただけのカジュアルな作りの居酒屋のようなところだけれど、夕日は絶景。


後刻、あまり使用することのないスマホの写真編集・補正機能を使用しているうちに、オリジナルの色が判らなくなってきた。1枚目と2枚目では、随分と雰囲気が違って見える。



隣接(といっても結構離れているが)する高級店では、ポリネシアンダンス?のショーが開催されている。ビーチを通って、ちょっと覗きにいってみるが、さすがに気が引けて、早々に退散する。



週末は現地のメンバーと一緒に海辺のゴルフ場へ。



車から見ている分には、素晴らしい景色だと思ったが、車を降りると、猛暑と湿気が体を包み込む・・・。



1名物の海越えのショートホールに使い慣れない4番アイアン(貸クラブ)で挑戦するも、トップしてボールは無情にも海に吸い込まれていった。



ゴルフ場の中にもブーゲンビリアと思われる花が多数みられる。



グアム空港。古い映画に出てくるような、質素な造りに驚く。



古ぼけた感のある空港で、もっとも目を引いたのは、横井庄一さんが戦後28年間潜伏していたという洞窟の宣伝。リゾート公園の一部になっているようだ。実際の洞窟とは異なるもので雰囲気だけマネしたものとも聞くが、実際はどうなんだろう・・・。



わずかな日数だったけど、初めてのグアムをそれなりに楽しめた。それにしても、汗をかくこと尋常ではなく、着替えが足らなくて往生した。今回はちっとも歩いていないが、この暑さと湿気のなかを歩き回るとするなら、相当な覚悟が必要だ。