梅田ゆかた祭 ゆかたdeラリー

2013年7月20日(土)  ②


天神祭の御迎え人形スタンプラリーを終え、梅田界隈で開催中の梅田ゆかた祭を覗きに行く。梅田の夏の風物詩となるべく、盆踊りから打ち水まで、ゆかたを着て、様々なイベントを繰り広げているが、そのひとつが、「ゆかたdeラリー」と名付けられたスタンプラリーだ。



ゆかたを着ていると、割引が受けられることもあって、ゆかたを来た女性の姿が多く見られる。

 
 
最初のスタンプポイントであるNu茶屋町では、街角コンサートが行われていた。当然のことながら、皆ゆかたを着て、演奏し、歌っている。
 
 
 
JR大阪駅の北に出来上がったグランフロント大阪の広場では、櫓を組んで、太鼓の演奏が繰り広げられていた。



櫓の周囲には、物販やPRのためのテントも張られて、かなり多くの人を集めている。



大阪ステーションシティの時空の広場では、ゆかたコンテストが繰り広げられていた。



時空の広場には、たくさんのベンチが設置されていた。便利このうえない、駅プラットホームの上に、これだけのスペースがあると、様々なイベントが賑やかに開催できそうだ。



 最後のスタンプポイントは、ディアモール大阪。梅、団扇、提灯、下駄の4つのスタンプを獲得した。ゆかたを着ていないので、スペシャルスタンプが貰えないのは仕方ない。



スタンプ台紙が、そのままプレゼントの応募用紙になっているのだが、応募せずに、記念にスタンプ台紙を持ち帰る。


まとめ (天神祭御迎えスタンプラリー+梅田ゆかた祭)


歩行距離    約10km
所要時間    約4時間
歩数       21000歩 (しっかり 7600歩)