真田幸村スタンプラリー(九度山)

2014年9月27日(土)


和歌山県の九度山町に出掛ける。例年、手を替え品を替えながら、真田幸村関連イベントを開催しているため、これまで何度も訪問した九度山だが、再来年のNHK大河の主人公が幸村に決まったこともあり、今回のスタンプラリーは一層気合が入っているのではないかと楽しみだ。



南海高野線の九度山駅に降り立つ。この先、高野山までの数駅には、ほとんど集落らしい集落が無いため、高野山の手前の最後の町とも言える。山小屋風の三角屋根の白い駅舎はお洒落なだけではなく、九度山の「度」の字が旧字体?になっているところが、歴史も感じさせる。



九度山駅で最初のスタンプを押印し、駅前からの「真田の道」と呼ばれる旧道を行く。典型的な鄙びた田舎のメインストリートだ。かつては賑やかだったと思える道だが、銀行や郵便局はあっても、飲食店は見当たらず、「百貨店」で日用雑貨から土産物までを取り扱っている。



もっとも、町のアチコチには六文銭のデザインが施され、静かな道を歩いていても、テンションは上がってくる。道の両脇には、美しい花々が植えられた六文銭が描かれたプランターが設置され、心を和ませてくれる。地元のご婦人方が協力して手入れしておられるらしい。



スタンプラリーのゾーンを超えて、女人高野と呼ばれる慈尊院にやってきた。以前は、慈尊院や紙遊苑もスタンプポイントになっていたが、コンプリートに要する時間は2/3ほどになっている。お手軽になったのは良いが、九度山に来て、慈尊院を訪ねないのは勿体ないと思う。



手作りの乳房の絵馬が多く見られる。多くが乳癌平癒を祈るものだ。有吉佐和子の小説「紀ノ川」でも、慈尊院と、これらの絵馬の話が登場するらしい。司洋子や南田洋子が映画のロケをしたとか、高島礼子も来た、三原じゅんこも来る・・・と、ご住職が熱心に説明してくれた。



慈尊院から丹生官省神社に向かう長い階段。この階段こそが、先日途中リタイアしてしまった高野山町石道の起点になる。慈尊院も丹生官省神社も町石道スタンプラリーのポイントにもなっているのだが、迂闊なことに冊子を持って来るのを忘れた。



勝利寺に向かう石段も、勾配が急で長い。



勝利寺の境内に隣接して設置されている紙遊苑。この地に和紙づくりを伝えたのは弘法大師なのだそうだ。製紙のための材料や道具が様々に展示され、紙漉きの体験もできるらしいが、こうぞを煮るところから始めるのだとすれば、大変なことだ。



かなりの晴天で、少し汗ばむ。慈尊院の赤い塔、黒い瓦と土色の塀、そして青空と、白い雲と、緑の木々のコントラストが美しい。



未だ緑色の柿が多いなかで、しっかりと熟した柿も見られる。深い緑色の分厚い葉の間から見える柿色もまた、美しい日本の原風景だ。



早くも、干し柿づくりも始まっているようだ。柿一つずつが皮をむかれて、丁寧に吊るされている。半生タイプのあんぽ柿なのかもしれない。



紀ノ川の河原に突き出すかたちで、車の駐車場が作られている。 他に駐車場にできるスペースがあるようにも見えるのだが、結構大掛かりな構築物だ。



旧市街と慈尊院エリアの間を流れる壬生川の横に、大きな公園があったのだが、いつの間にやら「道の駅」が出来上がっていた。幹線道路沿いの「道の駅」と異なり、車だけではなく、観光でやってきた歩行者も対象にした、九度山の観光拠点となることを目指しているようだ。



館内には、九度山や高野山、そして真田幸村などに関するパネルやグッズなどが数多く展示されている。



駐車場の脇には、真田十勇士の顔出しパネルが、ずらりと並んでいる。真田幸村も含めて、全部で11もの顔出しパネルが整列しているのは、ちょっとした壮観だ。



スタンプラリーコンプリートのためにも、十勇士と幸村のスタンプ、計11コの押印が必要なのだが、スタンプポイントが確保できなかったのか、いくつかのスタンプポイントでは2つのスタンプが設置されている。他にも見どころが多いので、何とか11カ所確保できなかったものかと思う。



2016年のNHK大河ドラマが決まったという、幟や旗がアチコチに見られる。道の駅も出来上がった。しかし、あと1年余りで、さらに様々なものが作られるに違いない。幸村が主人公なら、その舞台の2割くらいは九度山になるのではないだろうか。



真田昌幸・幸村父子が配流・蟄居させられた善名称院、通称「真田庵」にやってきた。以前は、ここで観光客相手のグッズなどを多く販売していたのだが、道の駅ができたせいだろうか。良い意味で静かになったように思う。



境内のアチコチには、六文銭が見られる。



屋根瓦にも六文銭。



祠の石版にも六文銭。



真田庵周辺で、スタンプをコンプリートしたが、記念品を貰うために、再び道の駅に戻らなければならない。要領の悪い歩き方をしてしまったが、こんなことは、いつものことだ。

道の駅の売店は、スーパーのようになっている。果物、調味料、海産物、菓子など、九度山だけでなく、和歌山の名産品がズラリと並べられていて、とても楽しい。



 コンプリートしたスタンプ台紙。幸村と真田十勇士のイラスト画が綺麗に並んだ。2年ほど前に、真田十勇士のイラストが一新されたのだけれど、あんまり強そうに見えないんだよねぇ。まあ、最近は、こうしたゆるキャラ風の方が受けるのかもしれないが・・・。



スタンプラリーコンプリートの御褒美は、地元特産の「幸村茶」。麦茶に柿の葉をブレンドしたものらしい。貰ったものは常温だったので、道の駅の自販機で1本(160円)購入。一口飲むと麦茶だが、確かに柿の葉のような香りが口に残る。



過ごしやすい天気になってきたが、まだまだ暑い。わずか5キロほどのウォーキングで、結構汗もかいた。明日のゴルフも暑さとの戦いになりそうだ。

ナゾトキラリー「ゆめまるくんと消えたお宝を探せ!」(船場)

2014年9月23日(祝)


先週から開催されている、大阪市中央区役所が主催する、ナゾトキ☆ラリー センバ探検団「ゆめまるくんと消えたお宝を探せ!」なるイベントに挑戦だ。これまで船場近代建築を舞台にして開催されていたスタンプラリーが、装いを改めたものだが、6ページものパンフレットに記載されたルールはややこしい。とにかく船場の近代建築に行けば、色々とヒントが得られるらしい。



手当り次第に指定された28の近代建築を歩きまわることにする。何度もこのブログでも写真をアップしているため、今日は建物の前景ではなく、ズームアップ写真を中心に撮ることにしよう。まずは堺筋の生駒ビルジングだが、祝日のため、開いていない・・・。幸先が悪い。



続いては、北に2分歩いて、以前内部を見学させていただいた、旧小西家住宅へ。



ヒントを発見。瞬時に答が判るような簡単なものだ。ここでようやくルールを理解する。船場が4つのブロックに分割されていて、各エリア内の施設では、どこに行っても同じヒントが得られる問題が掲載されているらしい。合計4施設に行けば、答(犯人と宝の隠し場所)が判ることになる。



堺筋を渡って、次なるポイント、少彦名神社に向かう。堺筋道修町交差点にある漢方薬局の看板は、いつ見てもインパクトを感じる。



少彦名神社では、ちょうど献湯祭が執り行われていた。そのせいか、薬の神様、神農さんのゆるキャラが愛想を振りまいて出迎えてくれた。



旧小西商店がCエリアであるのに、徒歩1分しかかからない、この神社はBエリアとなるため、違うヒントが得られるはずだ。と、思ったら、ここはハズレらしい。



あらためてパンフレットを読むと、A、B、C、Dの4つのエリアを回って答を見つけるというのは子供向の「ルート1」。大人向けは、パンフレットに記載してある暗号を解いて、その場所を直接訪問するという「ルート2」ということ。といっても、大した暗号でもないので、さほど時間も掛からず、3つのポイントを導き出すことができたが、ネタバレを記す訳にはいかない。

甲子園から株分けされたと言われる蔦で覆われた青山ビル。元は個人のお宅だったらしい。



その隣には、伏見ビル。



お気に入りの洋菓子店「五感」が入っている新井ビル。



円形のロビーがお洒落な大阪証券取引所。



土佐堀通を挟んで、大阪証券取引所ビルの向かいにある、北浜レトロビルヂング。



山本能楽堂。東横堀川より東にあるから、正確には船場ではないはずだが・・・。

 


どうして、このビルがポイントになっていないのか不思議な、三休橋通沿いの綿業会館。



芝川ビル。戦前は花嫁学校だったらしい。
関東大震災後、大阪でも地震・火災に強いビルへのニーズが急速に高まったらしい。私見だけれど、当時のビルは過度に頑丈な造りになっていたのではなかろうか。しかし、それだからこそ、何十年経ってなお、老朽化を感じさせないのだろう。



結局、ナゾトキラリーとは関係ないポイントも含め、2時間散策し、歩数も1万歩を超えた。

ヒントも全てゲットし、解答を導き出すことはできたが、正直言って、暗号や問題の質は低くてガッカリ。簡単なのは良いが、出来が悪い。子供向けの問題に「多重世単」などという意味不明の4字熟語が含まれたりするなど、無理作りが目立つ。船場との関連性もない。パンフレットにはお金をかけているが、内容は町内会のイベントレベルだ。



最近、宝探しイベントが各地で人気を博し、いくつかに参加もしたが、知る限り最悪の出来ではないだろうか。そもそもストーリーにムリとムダが多過ぎる。ルート1では、4つのエリアでのヒントが必要となっているが、実際はBエリアのヒントは無くとも解答に至ることができる。(*)

  (*後記)後日あらためてヒントを確かめると、ルート1と2のヒントを混同していた。
        ルート1のヒントには問題は無い。勘違いで失礼な指摘をしてしまった。


ルート2に至っては、最後の最後に出題される問題が間違っているのではなかろうか。〇〇ビルにある植物を取り違えているとしか思えないのだが・・・。(表にある植物とは別のものが、一般には公開されていない裏庭に植えられているとも聞くが、不適当な出題だと思う・・・。)






24区役所連携&天下一祭スタンプラリー(西淀川区・淀川区)

2014年9月20日(土)


朝夕はめっきり涼しくなり、恒例のウォーキングスタンプラリーイベントも始まっているが、何かと用事が多く、遠出できない。大阪市の西淀川区と淀川区で区民まつりが開催されているので、2会場間をチョコっと歩くことにする。



西淀川区の区民まつりの会場は、阪神姫島駅から歩いて10分ほどの西淀公園。



天気にも恵まれて、西淀川区の区民まつりも盛況。なかでも人気は、西淀川区のマスコット、「に~よん」。区の花、さざんかをモチーフにしているらしい。



舞台ではOXクイズの真最中。5円玉と50円玉のどちらが重いか、といった問題が出題されていた。



たくさんのテントは、区内の各町会や、民生・選管などの委員会などに割り振られているようだ。各町会が様々な出し物で競い合っているようだ。



西淀川区の区民まつりをざっと見物した後、隣接する淀川区の区民まつりが開催されている野中南公園まで、4km強の道をのんびり歩く。少し遠回りになるが、お気に入りの大野川緑道を久しぶりに歩く。道の脇には、青空将棋で休日を楽しむ人々の姿が見える。



もとは水路だった、この緑道の良いところは、緑の中央分離帯を挟んで、青い塗装を施された自転車道が2本、さらに緑地を挟んで歩道が2本、と、ゆったりとした造りになっている。



JR塚本駅のガードしたの駐輪場。1日1回50円とあるが、その料金はポストに放り込む仕組みになっている。



海からは、何キロも離れているが、海抜はマイナス。



十三の町にやってきた。新世界や京橋とは似て異なる繁華街だ。



どの区民まつりも今年は第40回と思っていたが、淀川区民まつりは第39回。西淀川区民まつりは何回目との表記もなかった。区民まつりは、大阪市内の各区で一斉に始まったと思っていたが、そうでもないようだ。



阪急十三駅から北に10分の野中南公園で開催されている淀川区民まつりも大層な賑わい。これまで住之江、福島、東淀川、浪速、天王寺、西淀川、淀川、と6つの区民まつりに出掛けたが、例外なく大勢の人たちが集まっていた。



舞台では大抽選会が始まっていた。



西淀川、淀川のスタンプも無事ゲット。スタンプを設置しているテントに、天下一祭のバッジやシールが置かれていた。欲しそうにしているのが顔に出たのか、係の人が両方とも戴くことができた。ちょっと嬉しい。



阪急十三駅に戻る途中、先日火災が発生した、通称ションベン横丁を通りかかる。北側の入口を見る限り、以前と変わりないように見える。



しかし、横丁の途中から通行止。焼失した建物は白テントで覆われ、道も工事用フェンスで封鎖されている。復旧は未だ未だ先のことになりそうだ。