高槻ええとこクイズラリー(上牧・五領)

2015年10月25日(日)


大阪マラソン絡みの用事を済ませた後、高槻市が毎年開催している「高槻ええとこクイズラリー」に参加すべく、阪急上牧駅に出掛ける。対象エリアを毎年変えながら今年が第7弾。現地を訪れないと解けないクイズが10問用意されている。参加するのは5回目となり、宇治十帖スタンプラリーや比叡山スタンプラリーと同様、これまた年中行事化している。



おそらく阪急上牧駅に降り立つのは初めてだと思うけど、阪急電車と新幹線が並んで走っていることで有名なところだ。14時45分と、随分遅いスタートになったが、駅前のコンビニで台紙をゲットし、早速歩き始める。



最初のクイズポイントは、駅の西側にある「神南備の杜跡」。今は子供たちがボール遊びをする公園になっている。神南備とは「神が宿る」という意味だと、案内板に説明がある。南京都や飛鳥などで見られる甘南備や神奈備という地名も、同様の意味なのだろう。



JRを潜る煉瓦造りのトンネル。頭を打たないように、屈みながら歩かなければならないが、とても楽しい。トンネルや鉄橋に興奮するのは、50年前から変っていない。もっとも、正確にはこれはトンネルではなく、アーチ橋と呼ばれる橋の一種になるようだ。弓なりに煉瓦を組合せることで荷重を支えている。



JRに沿って、旧西国街道を西に向かう。5年ほど前に、三宮から京都までの西国街道を4日に分けて歩い時に通っているはずだが、全く記憶に残っていない道だ・・・。



次なるクイズは、西国街道に面した一乗寺の境内にある立派な楠に関する出題。この楠に馬を繋いだと言われる歴史上の人物を問うものだ。馬繋ぎの松、とか、腰掛け石の類は、アチコチで見られるが、大多数は根拠のない伝承だと思われるのだが、ここでは「確たる資料は無い」と説明板に正直に書いてあるところが逆に好感が持てる。



台紙のマップでは、「木洩れ日の隠れ道」と名付けられた地道。隠れ道というだけあって、探すのに苦労した。ウォーキングコースでは珍しくもない、ただ細いだけの田舎道なんだけど、こんな洒落た名前がつくと、特別なものに感じてしまう。



梶原寺跡。今は畑山神社になっている。 ちょうど名神高速の梶原トンネルの西出口にほど近いところだ。



再び、アーチ橋を潜ってJRの南側へ。 ここのレンガ積みはヒネリが加えられている。とても狭く、低いが、車両の通行は認められているようだ。個人的には、認められている・いないとは関係なく、進入したくはないところだ。



高槻第二ジャンクションだろうか。随分先のことと感じていたが、新名神の工事が着々と進み、高槻までの開通が楽しみだ。



JRと阪急の間には、長閑な田園地帯が広がる。電車の乗客に向けた広告設置用の構造物が多数設置されているが、その殆どは使われていない。JR・阪急の双方に向けて、裏表の2面が利用できる好立地だったとはいえ、ネット全盛・景観重視となって、巨大立て看板による広告は、徐々に姿を消しつつあるようだ。



左が阪急電車、右側が新幹線。阪急はここから高度をあげ、新幹線と同じ高さの高架路線となる。2つの鉄道は徐々に近づき、上牧駅手前で、完全に接する。



関西電力の淀川変電所。府内では2番目の規模になるそうだ。鉄塔や電気機器が広大な敷地にギッシリ詰まっている。それにしても、1番はどこなんだろう。



淀川河畔の鵜殿の葦原にやってきた。ここの葦は、雅楽の篳篥(ひちりき)に欠かせないもので、長らく朝廷にも納められていたものらしい。江戸時代に幕府が洪水対策として、この地の葦を刈ることを禁じたことがあるらしいが、村人は朝廷御用達を盾に伐採権を確保したといった説明が、石碑に刻まれている。



まるで原野と見間違うばかりの広大な葦原だ。淀川の水域は葦原の先になる。この中に入って探検できるのだろうか。向こうに枚方の樟葉の街並みが見えなければ、完全に出口を見失うことになりそうだ。



 葦原に沿った土手の道を歩く。とても気持ちいい道だ。天気はいいのだが、遮るものが何もないせいか、風はひどく強い。



200mおきにある淀川距離標が、土手に2m四方ほど草を刈ってコンクリートで固めて埋め込まれている。ジョギングやウォーキングの目印にしては、立派すぎるぞ、と思っていたが、これって、河川管理のための高さや位置を図る重要な基準点なんだそうだ。



1kmおきには、さらに立派な石柱が建てられている。此花区にある0km地点に到達すると、区役所で訪問証明書なるものを発行してもらえるらしい。しばしば近くまで行く用事はあるのだが、未だ写真には収めることができていない。



春日神社。菅原道真を祀る神社というだけあって、天満宮でも良くみかける牛の像がここにもある。それにしても何故、牛が神使なのかについては、「道真が丑年」、「道真は牛好きだった」、「牛が道真を刺客から護った」、「牛で大宰府に行った」などなど、テンでバラバラの諸説が入り乱れているらしい。



本澄寺。室町時代に創建された日蓮宗の古刹だ。ここに「測量船」などの著作で知られる三好達治の墓と記念館がある。



上牧・五領エリアをグルッと巡り、再び上牧駅近くに戻ってきた。最後のクイズは、タイガース橋と名付けられた橋の名前の由来について。とても面白い出題だし、ちょっとした名所になりそうな所なんだけど、橋の表示が読み取りづらいのが難点。うまく改修してもらいたいものだ。




しかし、タイガース橋の傍には、高槻市による説明板が設置されている。「高槻まちかど遺産」と題する説明板は、他でもいくつか見かけられた。何気ない建物や風景のなかに埋もれた歴史や伝承を紹介する活動は、地味ではあるけど、とても有意義で効果的な町起こしだと感じる。



上牧駅の南側の鉄道高架。右が新幹線、左が阪急だ。走行する列車のスピードには大きな差があるが、素人目には、高架橋のスペックに大きな違いは無いように感じられる。



歩行軌跡マップ。7km、1万歩、2時間という、お手軽なウォーキングだったが、興味深いものに沢山出会えた。



(おまけ)
高槻市が最近強力にプッシュしている、マスコットキャラクター「はにたん」。ゆるキャラグランプリに出馬中なんだそうで、投票を呼び掛けるポスターが駅などに貼られている。こんなことに税金を使うのもどうかと感じる一方、「くまモン」のように人気が出れば稼ぎまくる訳だから、一概に否定もできない・・・。


宇治十帖スタンプラリー 2015

2015年10月24日(土)


恒例の宇治十帖スタンプラリーが始まった。今年で第25回の開催となる、ウォーキングスタンプラリーの老舗中の老舗。山あり川あり、そして歴史や文化も満喫できるうえに、多くのボランティアさんによるホスピタリティ溢れる運営には毎年感服させられている。



今年は趣向を変えて、京阪宇治駅ではなく、JR宇治駅に下り立ち、逆回りで健脚コース13.5kmに挑む。距離的には少し長めに歩くことになるだろうが、それより、逆にコースを歩くことで、いつもと異なる発見ができるのではないかと期待して、全スタンプポイント22ヶ所のうち、第20番「茶壺ポスト」から、いざ出発だ。



ところが、第21番「代官所跡」がある宇治橋通り商店街では、わんさかフェスタなるイベントの真最中。とんでもない人混みに圧倒され、遠回りになるが、先に第19番「県神社」に向かうことにする。



商店街から東に歩いて「県神社」へ。ここまで来るとフェスタの喧騒が嘘のような静かな雰囲気だ。京阪宇治駅から第1番スタンプポイントから出発した場合、いかに早朝に出発し、健脚であったとしても、ここまでは未だ辿りつかないので、人影も疎らだ。



宇治橋商店街を大きく迂回し、「橋姫」でもスタンプをゲットした後、宇治橋商店街の北端にやってきたら、さらに凄い混雑になっている。あまりの人の多さに圧倒され、この人混みの向こうにある「代官所跡」のことはすっかり頭から消えてしまった。



「代官所跡」でのスタンプのことはすっかり失念したまま、宇治橋南詰の「夢浮橋」でスタンプをゲットし、次なるポイント「平等院」に向かう。皇室や将軍家御用達、さらにはローマ法王献上などを誇る宇治茶の老舗が並び、お茶の良い香りが充満した参道を進む。



昨年は入場料を支払って平等院を拝観したが、今年はパス。もっとも、あまり知られてはいないのだろうが、宇治川の畔のとあるところから、茂みを通して鳳凰堂が遠目に拝める。



宇治川の夏の風物、鵜飼の鵜が散歩?に連れ出されているのに出くわす。散歩ではなく、魚を獲る訓練のようなものかもしれない。



宇治川南岸を東にどんどん進み、「宿木」のスタンプポイントに続き、「白山神社」に向かう。この辺りが、スタンプポイント間の距離が一番長いところ。いつもなら、モチベーションも下がり、溜まった疲れが噴き出すところなんだけど、今日は逆回りのため、まだ序盤戦。元気いっぱいに上り坂を進んでいく。



「白山神社」には、舗装道を行って帰る順路がパンフレットに示されているが、もみじ谷を通って下山する。何年か前までは、もみじ谷が公式ルートだったのだが、渓流沿いの狭い道なので、このスタンプラリーの参加者が増加したことに伴ってルート変更されたのだろう。万一事故などあっては、イベントの存亡に関わるのだから主催者の判断はもっともだ。しかし、そのお蔭で、歩く人も少ない美しい山道をノンビリと歩くことができるようになった。
 


天ヶ瀬吊橋で、宇治川北岸に渡る。高所は得意ではないが、吊橋を渡るのはとても楽しい。ましてや、美しい山々に囲まれ、緑色に濃く染まった宇治川の流れを渡る吊橋となれば、さらにテンションがあがる。



以前は天ヶ瀬ダムまで歩かなければならなかったが、何かの工事のためにルートが短縮されている。天ヶ瀬ダムは、この橋からは未だ見通せなかったはずなので、クレーンが立っている工事エリアのまだ大分先にあるはずだ。



スタンプポイントにもなっている「興聖寺」の参道から、このスタンプラリーの最高峰(といっても2標高は130mほど)の大吉山(またの名を仏徳山)に登る。このあたりが、このコースの中間点。 おそらく同じような時刻に京阪宇治駅からスタートした順行ルートを行く参加者が道幅一杯に拡がって前から押し寄せてくる。逆行ルートって、なかなか歩きにくいものだ。



宇治の市街地を展望できる「大吉山」。山の険しさでは比較にならないが、先日参加した関ヶ原陣跡制覇ウォークでの、小早川秀秋が陣取った松尾山に相当すると思い至る。京阪宇治駅から三室戸にかけての平地部が東軍陣跡、白山神社を中心とした高地が西軍陣跡、と、高低差も方角も符合する。もっとも関ヶ原同様、宇治川も歴史上、数々の戦いが繰り広げられたところなので、探せば共通点はまだまだ見つかりそうだ。



「大吉山」を下ると、そこからは楽な平地歩き。スタンプポイントも密集している。宇治上神社は、京都の世界遺産として登録されている17の社寺のひとつ。清水寺・金閣寺・銀閣寺・二条城・延暦寺・東寺・平等院・・・など錚々たる社寺のなかで、間違いなく宇治上神社の知名度はダントツに低いが、この宇治上神社こそ、現存する最古の神社建築なのだ。



宇治神社の階段を下り、再び宇治川岸の道に戻る。「総角」、「早蕨」、「宇治上神社」と一気にスタンプの数を増やしていく。ここに至ってようやく「代官所跡」のスタンプを取り忘れたことに気付く・・・。ショックだ。余計にあるかなければならない、ということより、百戦錬磨を自称するスタンプラリーストとしてあるまじき失態に愕然どする。



逆行のせいで、勝手が違って、誤った道を進んだりもしたが、「恵心院」、「橘寺」、「蜻蛉」、「浮舟」、「厳島神社」、「手習」、「椎本」とスタンプポイントを一気に踏破し、ついに京阪宇治駅前の「東屋」のスタンプをゲット。これまで宇治十帖スタンプラリーのスタンプって、毎年絵柄が変わっていると信じていたのだが、この絵柄には見覚えがある。帰宅して調べると一昨年のものと同じだった。



スタンプにも描かれている東屋石仏。本当はこれでゴールの「塔の島」を目指すだけのはずだったが、撮り損ねた「代官所跡」に向かって、再び宇治橋通りに戻らなければならない。



京阪宇治駅から見た宇治橋。何度も再建を繰り返し現在の姿になったのだろうが、橋脚の多さをはじめ、古来のイメージをなるべく忠実に再現したものだと思う。



3時間ほど前にスタンプをゲットした「夢浮橋」に戻ってきた。紫式部の像の向こうに、先ほど登ったばかりの「大吉山」が見える。



混雑を掻き分けて、商店街の中にある「代官所跡」に辿りつき、最後のスタンプをゲット。あとは宇治川の中州、「塔の島」を目指すばかりだ。



河川改修工事のため、塔の島にある源平宇治川合戦の先陣の碑が撤去されている。しばらくどこかに保管されているらしい。宇治には見どころが盛り沢山で手が回らないのかもしれないが、宇治川の戦いは、もっとフィーチャーされても良いと思うんだけど・・・。



 今年もスタンプ欄はキレイに埋めることができた。



宇治のゆるキャラも、このスタンプラリーに動員されていたらしい。スタンプだけは押したものの、結局会えず終い。 おそらく宇治橋通り商店街の大混雑のなかにいたのだろう。



10年ほど前に初めて参加して以来、完歩賞の抽選では、おそらく末等と思われる絵葉書しか貰ったことがないように記憶している。ところが、今日、くじを引いたところ、係の方が「やったぁ」と大声を上げる。当たったのは早蕨賞。黄檗山萬福寺のペア招待券。期限は年末まで。う~ん、どうしたものか・・・。



市内のアチコチで見かけた「響け!ユーフォニアム」のポスター。京阪宇治駅には、主人公と思しき、ユーフォニアムを抱えた黄前久美子の立て看板が設置されていた。宇治を舞台にしたアニメのようで、ご他聞に漏れず「ゆかりの地」を案内するマップなんかも配布されていた。



 同じ道を行ったり来たりしたものだから、歩行軌跡はとても見づらいものになってしまった。



JR宇治駅を出て、京阪宇治駅から帰宅するまで約16km。パンフレットに記載されている健脚コース13.5kmをかなり上回ってしまったが、所要時間は4時間強、歩数23500歩と、まずまずのペースで歩きとおすことができた。