阪急ハッピーホリデースタンプラリー

2016年2月21日(日) ②


毎年のように、阪急で開催されているディズニー・ユニベアのスタンプラリーに今年も参加する。 何の思い入れもないのだが、駅で見かけてしまうと、ついスタンプを押して、機会があれば全制覇を目指そうとしてしまう。スタンプラリーストの悲しい性だ。



梅田では、ホイップという白いクマさん。



こちらは西宮北口駅構内に座っているモカという茶色のクマさん。



これがパフィーという、白い女の子。京都の四条河原町にいる。



最後が、今日豊中駅でお目にかかったプリンというクマさん。



おそらく4回目くらいの参加になるが、今回ウォーキングで出掛けたついでに、4つ全てのスタンプをゲットできた。



大阪駅に隣接するルクアのディズニーストアに行って、小さなクリアホルダーを貰った。




池田~豊中~柴原(梅めぐりスタンプラリー)

2016年2月21日(日) ①



昨日とは打って変わって快晴。少々の肌寒さは、逆にウォーキング日和といえる。先日、岡本公園でひとつ目のスタンプをゲットした、阪急阪神の梅めぐりスタンプラリーの続きとして、池田の水月公園から、万博記念公園に向けて歩くつもりで阪急宝塚線池田駅にやってきた。(結局、予定とは全然異なった道を歩いたのだが・・・)


池田駅前には、池田市のマスコットキャラクター、ウォンバッドの「ふくまるくん」の家がある。驚いたことに、奥さんは「ふくまるちゃん」、4人の子供たちの名前は、「ふー」、「くー」、「まー」、「るー」と、手抜きを通り越した大胆極まりないネーミングだ。



向かう水月公園とは真逆になるが、まずは池田市駅前から北方向に延びる、サカエマチ1番街を進む。ここでもウォンバッドがマスコットになっているようだ。



ちょっと寄り道したのは、落語みゅーじあむの隣にある大正ロマン溢れる煉瓦積みの建物を見るため。NHKの朝ドラ「あさが来た」で聖地化していると言われる、旧加島銀行池田支店だ。現存する唯一の加島銀行の建物なんだそうだが、現在はインテリアの店になっている。



 池田にやってきたついでに、以前から気になっていた小林一三記念館に立ち寄る。阪急電鉄の創業者であると同時に、住宅開発、温泉、歌劇、野球、遊園地、百貨店と、留まることにない事業展開に加え、電力会社社長や商工大臣まで務め、さらに文筆や茶の湯の世界でも名を残す、スーパー実業家だ。



自宅が改装された記念館を見学し、小林一三の事績をあらためて確めると、慶応義塾を卒業して三井銀行に入行したあたりは、大した才覚を現していない。ところが、銀行を辞めた30代半ばから、鉄道に転じた後の急激ともいえる台頭ぶりは驚くばかりだ。とても現在のサラリーマンの出世の物差しで測れるスケールではない。



通称、尊鉢厄神と呼ばれる、若王子釈迦院。神功皇后が新羅から献上された鉄鉢を持ち帰ったものの、仏教伝来前の日本では、その価値が判らず、長らくこの地に保管されていたらしい。



出発後2時間ほども、あちこち寄り道した末に、ようやく、目的地の水月公園にやってきた。池の畔に紅梅、白梅が満開の日を待っているようだ。



阪急阪神のアプリで、デジタルスタンプも無事ゲット。



さて、ここから、次なるスタンプポイントとして、万博記念公園を目指すはずだったが、気が変わって豊中方面を目指す。小林一三記念館で見た、高校野球発祥の地、豊中球場の跡を探しに行くことにする。石橋駅を通過。



中央環状とモノレールの高架をくぐる。ここを東に行けば万博公園なんだけど、まっすぐ南へ豊中を目指す。



蛍池付近の公園に、以前加古川の河原で見かけた魚の頭のような車止めを発見。これって、既製品だったんだ・・・。あまり一般受けしそうにない、不気味なデザインに感じるのだが・・・。



散々迷った挙句、ようやく豊中駅の西側の玉井町2丁目と3丁目の境あたりの住宅街のど真ん中に、豊中球場の跡地を発見。ちょうど一軒分の家が建つほどの敷地に、煉瓦塀と記念レリーフが飾られている。



 阪急豊中駅。ここから改めて万博公園に向けて歩き出す。



以前から気になっていた麻田藩陣屋跡を訪ねる。あまり知られていないが、蛍池あたりは、江戸時代には石高1万石強の麻田藩と呼ばれた藩の政庁があったところ。もともと蛍池駅も麻田駅になる予定だったところを、小林一三が、それでは面白くない、と名前を変えさせたとのことだ。歴史ある麻田より、イメージの良い蛍池を採るところが小林一三らしいのかもしれない。



モノレールの柴原駅までやってきたが、万博公園までは、まだ7km以上もあることが判明。あっさりギブアップして、モノレールで帰宅する。モノレールには、先日オープンした「ららぽーと」の広告がペイントされていた。


 

寄り道の連続で、もともと目的地としていた万博公園には遠く及ばない柴原でウォーキングは終了。歩行距離は13km。


 



「にゃらんを探せ!」スタンプラリー(梅田大丸)

2016年2月20日(土)


外は土砂降りだが、天気とは関係なく楽しめそうなスタンプラリーが大丸大阪梅田店で開催されている。「にゃらんを探せ!」スタンプラリーだ。店内に隠れた猫ちゃんを探し出すということらしいが、説明を読んでも何のことやらよくわからないが、大して時間も掛かることもないだろうから、チャチャっとやっつけてしまおう。
 
 

大丸梅田店。JR大阪駅と直結し、阪神と阪急、さらに地下鉄が3線が乗り入れる大阪随一のターミナルのど真ん中に位置するも、阪急、阪神、三越伊勢丹との梅田百貨店戦争はますます激化しているようだ。



「にゃらんを探せ!スタンプラリー」は、最近流行りのスマホを使ったスタンプラリーだ。店内に設置されている看板のにスマホを近づける。



すると、「残念!ここにはいないにょです。」というメッセージが現れる。要するに、店内に3ヶ所、にゃらんがいる看板が立っているので、それを探せということのようだ。



店内に3本あるエスカレーターを上ったり下りたりして、手当たり次第に、看板をチェック。すると、ついに「当たり!」を発見。



なるほど、「当たり」の看板に向かって、にゃらんの足跡が床に付いている。



で、2つ目の当たりをゲット。これまでの大丸梅田店でのスタンプラリーの経験から、なんとなく、当たりがありそうなフロアというのは想像できたつもりなんだけど、3つめが見つからない・・・。



店内をアチコチ歩き回るが、結局、時間切れ。3匹めのにゃらんは、どこにいたのだろうか・・・。

加西市閑歩(JR加古川線スタンプラリー)

2016年2月14日(日)


昨日来の雨は朝のうちに上がったが、大気の不安定さは続いているようで、なんとも生暖かい休日、JR加古川線がICOCAをやっと導入した、ということを記念して、「JR加古川線等スタンプラリー」なるものが開催されている。加古川線「等」には、神戸電鉄粟生線と北条鉄道も含まれているので、以前から訪問したかった五百羅漢の見学を兼ねて出掛けることとする。



JR加古川駅で加古川線に乗り換えようとすると、「ICカードはご利用いただけません」の大きな看板。何のことはない、ICOCAが導入されるのは3月からとのことだ。



加古川駅で飛び乗った電車は、厄神行。わずか3駅しか進んでないぞ。目指す北条町に行くためには、さらに3駅進んで粟生、さらに北条鉄道に乗り換えて7駅だ。止む無く厄神駅で、次の電車を待とうとすると、な、な、なんと50分待ち!!




「あまり面白いところではないけど、次の電車まで外でブラブラしてください」と仰る駅員さんの好意に甘えて、加古川の土手をブラブラ歩く。海岸から10km以上はあるはずだが、加古川の川幅は広い。古くから西国裏街道の渡し場として栄えたという国包渡し跡がある。



さらに進むと、加古川の土手に整備されているフルマラソンコースの折り返し点があった。



厄神での30分余りのブラブラ歩きを終え、あらためて厄神駅から西脇行の1両編成の電車に乗り込む。加古川を渡る鉄橋は、狭い単線のせいもあってか、とても長いものに感じられる。



粟生駅で北条鉄道に乗り換え。かつてはJRだったものが、今は加西市などが株主となった第三セクター方式の鉄道となっている。経営は大変そうだが、あの手この手で集客に努めているようだ。



思いのほか乗客は多い。その半数近くは、途中の法華口駅で下車してしまった。法華口駅には、カメラを抱えた人が大勢集まっていて、駅員風の女性をバチバチ撮影していた。電車内でスマホで調べると、どうやら最近人気のボランティア駅長さんのようで、北条鉄道のマドンナと呼ばれているらしい。終着駅の北条町はさすがに大きな駅だが、ここでも駅長はボランティアのようだ。



駅舎のなかは、賑やかな観光案内所となっている。観光マップの配布から地元の名産品の販売はもちろんだが、この鉄道を取材にやってきたテレビタレントのサインが壁に沢山貼られている。



北条町駅は、「子ざる駅長」が時たま出勤するらしい。和歌山電鉄の「たま駅長」の二番煎じの感はあるが、集客のためにあらゆる工夫を試みているようで、好感が持てる。もっとも、今日は出勤日の予定だったところ、「風邪のため出勤できない」との紙が貼りだされていた。



駅から15分ほど歩いて、目的の五百羅漢のある北栄山羅漢寺にやってきた。もっと山中にあるものと勝手に想像していたのだが、案外小ぶりの平地にあるお寺だった。



境内には、羅漢が所狭しと並べられている。 室町時代後期のものらしいが、作者も、制作の目的も不明なんだそうだ。



お顔、お姿は、一体ずつ異なる。制作者は、戦乱や飢餓が続く厳しい時代にあって亡くなった多くの人々を一人ひとり思い浮かべながら、一心不乱に羅漢を掘り続けた・・・そんなことを勝手に想像してしまう。造りは荒っぽく、技術も未熟なものと感じるが、制作者の強い念が籠っているようだ。



加西市北条町は西国街道の宿場町だったところなんだそうだ。住吉神社や酒見寺などの門前町でもあったらしい。今も商家が立ち並ぶ街道筋の風情が残されている。



加西市内からテクテクと東に歩いて、玉丘史跡公園にやってきた。県内で6番目に大きいと言われる前方後円墳がある。この玉丘古墳に眠るのが、根日女(ねひめ)という女性。後に天皇となる2人の男性から愛され、しかし双方の譲り合いの末、いずれとも結ばれずに亡くなったんだそうだ。



今は、この根日女が加西市のマスコット的存在になっているようだ。神姫バスも「ねっぴ~号」なるものを運行しているようだ。



どういう訳か、玉丘史跡公園の湿地ゾーンには、大きなヤギが住んでいる。なんだか、この公園のヌシのように、周囲から呼びかけるやシャッター音にも、まるで動じることがない。



もともと、北条町から、真東にある加古川線の社駅まで歩くつもりだったが、予定を変更して南に向かう。加西フラワーパークの前を通り過ぎる。昔、来たことがあるような、無いような・・・。



南に向かった目的のひとつは、北条町駅で貰った観光案内に紹介されていた、鶉野飛行場跡。太平洋戦争期に、急ごしらえで建造されたものらしいが、傍には飛行機工場もあり、特攻隊の出撃基地でもあったらしい。今も1200mの滑走路は、整備されないまでも、しっかりと残っている。



付近には、「鶉野飛行場資料館」なるものが、ポツンと建っていたが、なんと月に2回しか開館していないようだ。大変興味深いのに、残念だ。



滑走路には、陸上自衛隊の看板が立っている。演習用の飛行場になっているように書かれているが、滑走路はデコボコのまま放置されているし、セキュリティ設備も見当たらない。もはや使われていないようだ。



予定を変えて南に向かったもう一つの理由は、あのマドンナ駅長に再会するため、法華口駅を訪問すること。和風の駅舎の入り口は、なんだか喫茶店のようだ。実際、駅舎の中はパン屋さんになっていて、待合室はイートインコーナーになっている。どうやらボランティアのマドンナ駅長さんはこのパン屋さんらしい。



ホームに電車が入ってきた。マドンナ駅長さんは、とびっきりの笑顔で電車を迎える。典型的な田舎駅だが、駅舎にもホームにも人が多い。お目当てはこのマドンナ駅長さんのようで、北条鉄道の乗員数は最近大幅に増加しているそうだ。



最後は、ドアでお見送りまでしてくれる。ボランティア駅長どころか、ホントの駅長でも、ここまでしてくれる人はなかなかいない。さらに電車がホームを離れるまで、大きく手を振り続けてくれる。



電車のなかは、カメラを持った中高年が多数。 駅舎や周囲の景色だけではなく、女性運転手さんに向けても、しきりにシャッターが押される。



スタンプラリーは、駅で2つ、施設で2つ(加西観光案内所、五百羅漢)で完成。4つのスタンプで、地元特産品などが賞品となっているプレゼントに応募できる。



本日の歩行軌跡。加西市で14kmほど。厄神駅周辺で歩いた分を加えると15kmほど歩いたことになる。



 それにしても暖かい日だった。20℃近くあったのではなかろうか。上着を脱いでも、ちょっと汗ばむくらいだった。