服部緑地(阪急 宝夢に出会うスタンプラリー)

2016年4月23日(土) ②


宝塚から多田まで歩いた後、能勢電、阪急と乗り継いで、豊中市の曽根駅までやってきた。阪急電鉄主催の「宝夢に出会うスタンプラリー」の最後のスタンプポイントは、ここから2kmほど東にある服部緑地の管理事務所だ。



大学時代、曽根駅から服部緑地の陸上競技場まで、重い荷物を持ってよく歩いたものだ。当時、大きな大会は、服部か西京極か長居で開催されたが、服部が一番嫌いで、ロクな成績をあげることができなかった。当時もこの道を歩いたはずなんだけど、記憶にある風景と全く異なっている。当時はもっと地味な道だったように思うのだが・・・。



陸上競技場の傍に、目指す管理事務所はある。見たところ、陸上競技場は40年前と変わっていないように感じる。



ゲットしたスタンプ・絵葉書はブラックジャック。これで6つのスタンプポイントを全制覇したことになる。



施錠されている競技場スタンドのエントランスをガラス越しにのぞき込む。当時もこんな感じだった・・・。このガラスのドアを開けて、グランドに出れば、思うような成績が出ずにガックリしている40年前の自分に会えそうな気がする。
 


競技場の裏手に回りこみ、グランドをのぞき込む。当時と比べて整備が行き届いていないように見える。素晴らしい競技場がアチコチにできて、服部の相対的地位はかなり下がっているのかもしれない。



再び同じ道で曽根に戻るのもどうかということで、服部緑地を横切り、北大阪急行の緑地公園駅を目指す。日本民家集落博物館がある。入ったことがない。入場料500円は少し高すぎるように感じるのだが、一体何が展示されているのだろうか。



雨が降ってきた。服部緑地内には、いろいろな施設があるのだが、今日のところは急いで駅に向かうことにする。



これは、先日の箕面~三国峠~五月山~池田と歩いた際、箕面駅前の観光案内所でゲットしたもの。スタンプと絵葉書は、鉄腕アトムだ。



こちらは池田の観光案内所でゲットしたもの。ジャングル大帝だ。



6つのスタンプをコンプリートし、帰路、阪急梅田駅の「ごあんないカウンター」に立ち寄り、Wチャンスの応募葉書を貰う。運が良ければ手塚治虫のマンガ全巻セットなどが当選するようだ。

宝塚~多田が17km、曽根~緑地公園が4km、合計21kmを歩いた。ほとんど平地歩きだけど、そこそこ疲れた。4月とは思えない暖かさのせいかもしれない。