異人館と不思議な妖精たちスタンプラリー(神戸)

2016年10月15日(土) ①


神戸北野の異人館街を中心に開催されている「異人館と不思議な妖精たち」というイベントに参加する。スタンプラリーと謎解きクイズが合体した複雑そうな仕掛けで、チラシを読むだけではよく理解できない。まあ、現地に行けば何とかなるのだろう。




夕刻には所用があるので、あまりゆっくりもしていられない。最初のスタンプポイントになっているハーバーランドのショッピング施設UMIEに9時半にやってきた。事前に調べた限り、ほとんどの店は10時開店になっていたので、あまり早く行ってもスタンプを押せないのではないかとの危惧もあったが、無事最初のスタンプをゲットする。




続いては、ポートタワー。北野異人館のイベントに、どうしてハーバーランドや南京町が入っているのか不明だが、歩く距離が適度に伸びることは大歓迎。異人館回りだけでは、ウォーキングには少し寂しい距離になる。
 
 
 
工事現場で見つけたポケモンGOのプレイヤーへの注意ポスター。こんなところにも、モンスターが仕込まれているのだろうか。現場を管理する側にすれば、ひどく迷惑なことだろう。
 



中華街のスタンプポイントは、臥龍殿。諸葛孔明からのネーミングだろうが、この建物の実態は巨大公衆トイレだ。建物も立派だし、臥龍殿の表札の文字は陳舜臣によるもの、と手が込んでいる。
 




1日に2~3000個売れるという、元町の肉屋さんのコロッケ。「揚げ物は10時半から」と掲示されていたが、10時には準備ができていた。さっそく購入し、アツアツをほうばりながら、北に進む。
 



北野町を指し示す看板も、とてもお洒落になってきた。英語だけでなく、中国語や韓国語でも案内されている。そのせいか、外国の言葉ばかりが耳に入ってくる。道行くひとの半数ほどは海外からの観光客になっているようだ。



4つめのスタンプポイントからが北野異人館街にある。まずは北野工房のまち。廃校となった小学校を転用したものだけに、今も小学校の雰囲気がいい感じで残されている。




ムスリムのモスク。この付近には様々な国からやってきた人たちが住んでいたことが分かる。写真を撮るのに、電線がひどく邪魔になる。異人館街では電柱が地下化されたが、この付近は未だだ。
 


 
ダルビッシュコート。あのテキサスレンジャースのダルビッシュ有投手のお父さんが経営しているもののようだ。中は、ダルビッシュ投手関連の展示と、ペルシャ絨毯などイランの特産品を販売するギャラリーがあるようだ。
 



観光客が列を成して写真を撮っている北野坂のお洒落なスターバックスもスタンプポイントになっているのだが、ここのスタンプは注文を受けるカウンターの傍にある。店内はひどく混雑しているし、コーヒー買う訳でもないのに、スタンプだけ押させてもらうのは、なんとも恐縮なことだった。
 



神戸というところは、コープの宅配を利用する人がとても多いように感じる。コープが神戸で勢力を持っていることもあるが、それより、坂が多くて買い物に出かけるのが大変だからではなかろうか、と異人館街の坂道を歩きながら感じてしまう。



萌黄の館。この秋からの朝の連ドラでの撮影にも使われているらしいが、外装工事中。写真をプリントしたシートが覆いかぶせられている。




ツルツルのスタンプ台紙にもかかわらず、とてもスタンプのノリがいい。それにスタンプのインクが滲んだり、他の紙に写ることも無い。よく見ると、スタンプインキの蓋に「瞬乾」との文字がある。なかなかの優れものだ。スタンプラリーを主催される方には、ぜひお勧めしたい。




異人館街の代表選手といって過言ではないだろう。入場料が500円だったか600円だったか、決して安くはないが、風見鶏の館に入館する人はとても多い。もっとも、今回のスタンプラリーは有難いことに、入場無しでも押させてもらうことができるようになっている、と勝手に解釈する。(入場無しでは申し訳ないような際どいところにスタンプが置いてあったところもあるが・・・)
 



あまり知られていないように思うが、隣の北野天満神社の長い階段を登ったところに、風見鶏の館の絶好の撮影ポイントがある。
  




北野天満神社で販売されているお守り。SAFETY TRAVEL、SAFETY DRIVEと書かれた英語のものも売られている。「お守り」は、そのままOMAMORIだ。
 



さらに急坂の上にも、異人館は建てられている。距離は短いが、このあたりのスタンプラリーは決して楽なものではない。




今も人が住んでおられるというイタリア館でもスタンプをゲット。さあ、残るスタンプポイントはあとひとつだ。


 
 
と、最後に訪れたスタンプポイントのカフェが「勝手ながら10月14日、15日は臨時休業」となっている。姫路のケンカ祭にでも出かけているのだろうか・・・。
 



全制覇の夢を最後の最後で絶たれてしまったものの、謎解きクイズは全問解けたので、何か貰えるのではないかと、ゴールポイントの北野美術館に向かう。




おお~。天の助けとはこのことか。本日定休日の施設のスタンプは、ここでも押してくれるとあるではないか。



 
ということで、すべてのスタンプが揃った。とても可愛い妖精のスタンプが15個並ぶと、年甲斐もなく嬉しい。
 



が、係のお姉さんが、謎解きのSTEP2に挑め、とおっしゃる。STEP1だけでも結構苦労したのに、再び風見鶏の館方面に戻って、謎解きに挑む羽目になる。




幸い謎解きSTEP2もコンプリートでき、絵葉書3枚をもらうとともに、プレゼント応募も3通させてもらえた。それにしても謎解きに苦労したこともあって、異人館街をかなりウロウロした記録が、歩行軌跡マップにしっかりと残されていた。



 
幸い、まだ時間はあるので、神戸市中央区で開催されている秋華祭のスタンプラリーもやっつけてしまうことにする。(②に続く)