信貴山散策

2017年9月2日(土)


チョコっと信貴山への軽登山に出掛ける。もう何度も歩いているが、例年2月の「寅まつりスタンプラリー」など冬にやってくることが多く、夏の信貴山の記憶がない。


近鉄の信貴山下駅から、かつてケーブルカーが敷設されていた道をテクテクと登っていく。しばらく前と比べると気温は下がったとはいえ、まだまだ夏の日差しだ。



単調な上り坂が続くと、平衡感覚が失われてくる。すべての構築物は斜面に建てられているので、水平線がどれなのか麻痺してくる。



どうやら、緑地帯を挟んで北側(写真の左側)を、もともとケーブルカー(近鉄東信貴鋼索線)が走っていたようだ。



15分ほど住宅街を歩いて、ハイキングロードの入口に到着。何だか地元の人のみが知る、雑木林の抜け道、といった感じだ。




ホントにこんなところをケーブルが走っていたのだろうか。確かにまっすぐな道が、ほぼ一定の勾配で続いているが、深い樹木に覆われ、小虫が飛び交うこの道に、ケーブルカーの映像を重ねあわすことは難しい。



住宅街も近いので、おそらく毎日のように、この道を上っている人も多いのだろう。なんだか、うらぶれた雰囲気ではあるが、突然の雨を凌ぐための傘が設置されているところが2箇所見られた。坂道の連続で結構息が切れるが、腰を下ろす場所はほとんど見当たらない。



木に括り付けられたカンカンと叩く金属の棒が2本。どうやら山火事など、非常時に叩いて危険を知らせるもののようだ。



1983年の廃業から30有余年、もはや鉄道遺跡と呼べるものは、ほとんど見つけることができない。道の脇に鉄骨が何本か放置されていたが、これもケーブルに使用されていたものかどうか、わからない。



もとのケーブル信貴山駅。今はバスの停留所になっている。ロータリーまで付属した立派すぎるバス停だ。



バス停から信貴山山門まではさらに10分ほど、ごく緩やかな坂道の参道を歩かなければならない。かつては料理旅館が立ち並ぶ賑やかなところだったようだ。



信貴山といえば、この写真。何度も来て、何度もこのブログにもアップしている大寅と本堂の組み合わせだ。



聖徳太子像。乗馬しているだけでも、聖徳太子っぽく見えないのだが、さらに馬上で笛まで吹いておられる。



境内に聳え立つ榧(かや)の木。なんと、西暦480年、一粒の榧の実から若芽が誕生した、との説明がある。とすると、樹齢は1500年を超えることになる・・・。



鳥居神仏習合とか、難しい歴史的な経緯はよく判らないが、信貴山朝護孫子寺という由緒あるお寺のなかに、たくさんの鳥居が立ち並んでいる。伏見稲荷の鳥居ほどの統一感がなく、木製やら石製やら、様々な形の鳥居が順不同に建てられているのだが、この不統一さは、この寺が長い年月をかけて少しずつ発展・変化してきたことを物語っているようだ。



アチコチのお寺でみられるものだが、ここにも四国八十八箇所巡礼のお砂踏みのようなものがある。通常88ヶ寺からの砂を埋めたところを踏んで歩くのだが、ここでは、阿波、土佐、伊予、讃岐と4つの踏み石に簡略化されている。



信貴山朝護孫子寺の本堂の前には、山頂にある空鉢護法堂にお水を供えにいくための水筒がズラリと並んでいる。ここから15~20分、階段を登っていったところだが、今回は信貴山頂行を見送る。



本堂の前には、神戸市が寄進した大きな灯籠がある。神戸市と信貴山の関係も良く判らないのだが、大正時代では、政教分離原則も無く、自治体が寺社に寄進するようなこともアリだったようだ。



朝護孫子寺の本堂。聖徳太子が物部氏との戦いに臨む際に、現れたという毘沙門天が祀られている。



本堂から張り出された舞台からは、奈良盆地が一望できる。ご来光を拝むにも絶好の場所だと聞いたことがある。



信貴山といえば寅、寅といえば信貴山、というほどに、寅がアチコチに見られる。いつの間にやら、「信貴山寅探し探検隊」なる表札が掲げられて、名物寅を紹介している。これは「富虎」。1億円札の束を口に咥えている。う~ん、あまりにストレートではなかろうか。



灯籠の根元に巻き付いた寅もいる。



檻に入れられた寅もいる。



これまで勝手に金寅、銀寅、と呼んでいたが、どうやら阿吽像になっているようだ。



おまけ)
信貴山の門前にあるダム湖では、開運バンジージャンプなるものが、開業していた。生まれて初めてバンジージャンプなるものを目の当たりにしたが、1億円あげると言われてもお断りさせていただきたい。



信貴山下から登ってきただけで、大したウォーキングにもなっていないが、都合により今日はこれまで。のんびりとバスでJR王寺駅に戻る。


【番外】乳頭温泉・角館・男鹿など

2017年8月27日(日)



仕事で訪れた秋田ではあるが、土曜の夜の大曲花火大会ばかりか、県内をアチコチ案内していただき秋田を満喫させていただいた。
宿泊は、乳頭温泉の鶴の湯。隠れ里的な古い温泉宿だが、近年では予約困難な大人気の宿になっている。

 
 
この建物が混浴露天風呂の脱衣場。これより先は撮影禁止だ。白濁したお湯がとても心地いい。
 
 
 
事務所には、およそ20cm角のビッグサイズのスタンプが用意されていた。スタンプラリーストとしては、見過ごすことはできない。
 
 
 
鶴の湯の風景を透かし絵にした台紙を100円で購入。ケチなことに、1枚の台紙に2つのスタンプを無理やり押してしまった。

 
 
田沢湖。日本一深い湖であることから、日本のバイカル湖と呼ばれているらしい。青い湖面に、金色の「たつこ像」が映える。
 
 
 
抱返り渓谷も訪問する。狭い道のため、すれ違う際には、互いが抱き合うようにしながら進まなければならないということに由来する名前らしい。吊り橋を渡って、その狭隘な渓谷にに入っていく。
 
 
 
大雨の影響で、水量は多く、そして濁っている。この川が、この夜に大曲で開催される花火大会の会場となる雄物川に合流する。


 
 
なるほど、確かに狭い道が渓谷を縫うように造られている。もっとも、抱き返るほどの狭さでもなく、結構平坦な道だ。大勢の人が渓谷ウォーキングを楽しんでいる。
 
 
 
道の突き当りにある回顧(みかえり)の滝。豪快な滝で、近寄ると水しぶきが襲ってくる。滝の形も良く、その名のとおり、何度も見返りながら、来た道をUターンする。
 
 
 
角館も訪問。武家屋敷が立ち並ぶ。蘆名氏が城主として綿密な都市計画をしたものが今に残されている。この広い道も元々のものなんだろうか? もっとも蘆名氏は、早々に断絶し、その後佐竹の分家が角館を治めている。
 

 
 
「みちのくの小京都」と呼ばれているが、京都にこれほどの武家屋敷は見られない。古い建物が多く残された清楚な街を、すべからく小京都と呼ぶことには抵抗がある。



今は静かで優雅な佇まいの町が、冬は厳しいところのようだ。「落雪注意」や「つららに注意」の標識がアチコチに見られる。

 
 
大曲花火大会の翌日は男鹿方面へドライブ。大きな「なまはげ」が出迎えてくれる。なまはげ館を見学したが、なまはげって、男鹿の集落ごとに全く異なる顔をしている。


 
 
秋田県内のアチコチで見かけたババヘラアイス。露天販売のアイスクリームなんだけど、「おばさん」が「ヘラ」で、アイスクリームをコーンに盛りつけることからこの名が付いたようだ。夏の秋田の風物詩らしい。
 
 
 
男鹿半島の北西端に位置して日本海に突き出した入道崎を訪れる。北緯40度のラインに、モニュメントが設置されている。


 
 
日本海の波濤に削られた海岸線は、実にゴツゴツとして雄々しい。夕陽が素晴らしく美しいところだと聞くが、さすがに日没まで待つ訳にはいかない。
 
 
 
入道崎にUFOが出現した、との看板が立てられている。見たい人には、ビデオを見せてあげる、と書かれている。
 
 
 
八郎潟の干拓地を通過して、秋田空港に急ぐ。さすがに北海道を思わせるような真っ平な道が続く。左右には広大な耕作地が広がっている。
 
 
 
出張に併せて、随分秋田を堪能させていただいた。なかなか、こんな出張はあるものではない。
 
 


【番外】大曲花火大会

2017年8月26日(土)


秋田出張に併せて、懇意にしている企業さんに大曲の花火大会に招待していただいた。正式な名称は全国花火競技大会というだけに、全国の一流花火師が技を競いあうだけに、日本一の花火大会との呼び声も高いイベントだ。

 
 
秋田県の山間にある小さな町に、全国各地から80万人近い観覧者が押しかけるという。何十万席もあるはずの観覧席券の抽選倍率は10倍ほどにもなるというのに、今回観覧させていただいたのはE席という、現地の商工会議所員のみに提供されているも更に特別なもののようだ。
 


まだ日の高い夕方16時半頃には、指定席というのに、大部分の桟敷が埋まりつつある。花火を待ちきれない、ということあろうが、花火が始まる前に腹ごしらえしておこう、という人が多いようだ。


 
 
17時30分、大会開会を告げる号砲と市長の挨拶の後、第一部「昼花火」の部が始まった。5号玉5発で昼に楽しめる花火が披露される。光だけでなく、煙をいかに見せるかがポイントになっているようだ。
 
 
 
徐々に夕闇が迫るなか、全国から集まった27のトップ花火師が順々に、この日のために工夫を重ねてきた昼花火を打ち上げる。
 


昼花火の終了後、少しの休憩を挟んだ18時50分、いよいよ第二部の夜花火が始まる。27の花火師による競技の前に、大会が提供する花火が華々しく打ち上げられる。前座からいきなり度胆を抜かれてしまう。高さ、大きさ、色、音・・・、この感動を形容する言葉が見当たらない。

 
 
とにかく凄い。スマホのカメラでは到底この凄さを伝えることができない。実際の花火の凄さに対して、スマホで撮った写真のなんとショボイことだろうか。

 
 
写真を撮ることも忘れて、次々とあがる花火に見入ってしまう。早々に食事を済ませておいて良かった。
 
 
 
そもそも花火が広く、そして高く上がるので、相当な広角レンズでなければ、その全体を写真に収めることは不可能だ。

 
 
上にあがるばかりでなく、下に落ちてくるようなものも多い。もっとも、火の粉が地面まで落ちてくると減点になるらしい。

 
 
これまで見てきた花火大会は、喩えるならば、映画館のスクリーンを見ているようなものであるのに対して、大曲の花火は、まるでプラネタリウムのように、前・横・頭上と自分の周囲全体が花火で囲まれるようだ。

 
 
夜空に花火があがる、という表現がよくあるが、ここの花火のキャンバスは、夜空という言葉では収まりきらないように思う。極端な言い方になるけれど、「宇宙」を感じてしまう。

 
 
スタートから約4時間、息をつく暇もなく、花火が寸断なく打ち上げられてきたが、ついにフィナーレ。赤いネオンライトを振る川向うの花火師さんたちに、観客が大喝采のエールを送る。



至高の技を披露してくれた花火師さんばかりでなく、大雨のため、会場となった雄物川の河原も水没し、昼夜兼行の復旧作業で花火大会の開催に漕ぎ着けた関係者の皆さんに深く感謝したい。ホントに凄いものを見せていただいた。