【賞品】山陽電車創立110周年記念スタンプラリー

2017年8月18日(金) ②


三木鉄道廃線跡ウォーキングの後、明石駅に立ち寄り、山陽電車の創立110州ね記念スタンプラリーの参加賞を貰いに行く。えらくしっかりしたクリアホルダーだ。いや、正確にはクリアではなく、内面が銀色にコーティングされたものだ。



さらに、神戸開港150年を記念して開催されている3つの展示会の共通入場券。調べてみると定価500円もするものだ。一昨日ハーバーランドから摩耶大橋まで歩いた途中に、休憩がてらこの展示会に入ろうかと思ったところだが、入らないで良かった・・・。



さらに運が良ければ、何かさらにいいものが当たるかもしれない。

三木鉄道廃線跡ウォーク

2017年8月18日(金) ①


夏休みを取ったとはいえ、ラフな格好で町中に出るのは、何だか気が引ける。ということで、以前から気になっていた三木鉄道(旧JR三木線)の廃線跡を探索することとする。廃線から10年近くが経つが、Googleの航空写真では、はっきりと鉄道跡を確認することができる。



三木には、いつも神戸電鉄の粟生線で行くのだが、今回は、三宮からの神姫バスを利用する。JR高架下のスペースが上手い具合にバスの車庫になっている。



観光バス仕様の西脇行の路線バスには乗客わずか6名。粟生線の経営も苦しいようだが、バスの方も厳しそうだ。



さあ、かつての三木鉄道の三木駅にやってきた。今は三木鉄道記念館として駅舎をはじめとした鉄道遺産を活用した憩いの場になっている。ここには何度も来たことがあるが、ここから7kmほど離れた加古川市までの厄神駅まで、かつての鉄道跡を探索する。

 


旧三木駅からしばらくの間は公園になっていて、鉄道のレールの間にコンクリートを敷き詰めた遊歩道になっている。かつての信号機なども多く残されている。



公園を出ても、いい感じの遊歩道になっている。しかも、自動車はもちろん、自転車でさえ進入禁止となっていて、ウォーキングにはもってこいだ。もっとも、こんな歩きやすい道だというのに、他に歩いている人は一人も見当たらない。



駅舎が現れた。別所駅の跡らしい。ここだけはレールやプラットホームも残されている。もっとも駅舎は、元のままではないかもしれない。最近になって改築されているように思える。建物の半分はトイレ、半分は待合室風の休憩所になっている。



田んぼのなかを、まっすぐな道が西に伸びている。長閑な田園風景のなかを走る列車を思い描きながら、真夏のウォーキングを楽しむ。

 


この辺りは、山田錦をもっぱら栽培しているようで、あちらこちらに、特定の酒蔵の契約栽培であることを示す幟が立てられている。それにしても、このあたりには人の気配さえ感じられないのだが、誰に向かってアピールしているのだろうか・・・。



旧三木駅や旧別所駅の付近を除くと、意外なまでに鉄道の残骸が見当たらない。良くも悪くも綺麗に撤去されてしまったようだ。ごくわずかに、鉄道時代からの構築物と思われるブロックなどが継続利用されているところも見られる。



おそらくは枕木を再利用したと思われるベンチや花壇なども、見られる。



三木と厄神の間に7つの駅があったはずだが、別所駅以外に、駅の跡のようなものを見つけることができない。一方で、線路跡は、随分としっかり保全されている。車はもちろん、自転車もトラクターも使えないこの道を大切に守っていることに頭が下がる思いだ。



しばらく進むと、再び駅の跡にやってきた。何の表記もないが、どうやら石野駅の跡のようだ。ここも別所駅と同様、プラットホームと、レールが残されている。



実際に駅舎として使われていたものだろうか。別所駅とほぼ同じ形・スタイルのもので、築10年くらいだろうか・・・。駅舎として使われていたにせよ、その後改築されたにせよ、「石野駅」の表示くらいは残しておいてほしかった。



整備された鉄道跡遊歩道を快適に歩いてきたが、鉄道跡は、突如として、林の中に突入する。ホントにここに鉄道が走っていたのだろうか・・・。



林の中をしばらく進むと、鉄道の設備が少し残されている。間違いなく三木鉄道の跡だ。しかし、左右から木々の枝が迫り、地面はデコボコのうえに、草ぼうぼうだ。どうやら加古川市に入って、急に道が悪くなったようだ。三木鉄道に対する三木市と加古川市の思い入れの差を如実に見せつけられたように感じる。



ついに、道は深い藪で覆われてしまう。思いもよらず藪漕ぎで進むことを強いられるが、足を絡みつく蔦や、トゲトゲの草が多い。気楽な廃線跡歩きのつもりで、半ズボンでやってきたことが悔やまれる。ようやく藪を脱出したが、足には無数の擦り傷、さらに靴下にはビッシリと「ひっつき虫」と呼ばれる種子が張り付いていた。



付近にあった古い住宅マップによると、ここが宗佐駅の跡らしい。そうと知らねば全く気が付かない。



頑張って草ぼうぼうの鉄道跡を歩いてきたが、道路を跨ぐ橋が無い・・・。加古川市内は、廃線跡歩きは諦めた方がよさそうだ。



一旦戻って、先ほどの跨道橋跡にやってきた。橋は無くなっているのに、3.6mの高さ制限標識だけは残っている。



その後も、廃線跡からなるべく離れないように、ジグザグに歩いていく。この写真を見て廃線跡と気付く人はまずいないだろう。ただの土手にしか見えない。



道路と交わるところに、少しだけだが、もともと鉄道だったことを匂わせる構造物があるにはある。



レール跡が残された道もあったりするが、それもごく一部。正面の建物は厄神駅に隣接したJRの車両基地だ。



厄神駅。今はJR加古川線のみが発着する2面2線のホームだが、右側の草地がかつてのJR三木線(後の三木鉄道)のためのものであったことは間違いない。



歩行距離はたったの8km。前半は極めて快適なウォーキング道路だったが、加古川市内に入ってからは苦労させられた。土地の所有権はおそらく加古川市にあると思えるのだが、多少なりとも整備する気はあるのだろうか。



神戸港&摩耶大橋(山陽電車110周年スタンプラリー)

2017年8月16日(水)


山陽電車の創立110周年記念で開催されている沿線クイズ&スタンプウォークは完歩したが、山陽電車では別の110周年スタンプラリーも開催されている。既に沿線クイズ&ウォークに併せて6つ中4つのスタンプはゲットしているが、神戸港の2施設のスタンプを取り残している。



所用のため、高速神戸駅で下車。恒例となっている阪神電車のアンパンマンスタンプラリーが開催されている。今回のスタンプ駅は、高速神戸、岩屋、魚崎、西宮、梅田、西九条の6駅。以前阪神沿線を歩き尽くしてコンプリートしたので、今回はもういいや、と思っているが、せっかくなのでスタンプをゲットしておく。



高速神戸駅から、JR神戸駅・ハーバーランドに通じる地下道には、交番がある。地下道に交番というのは、他にもありそうなんだけど、他にあまり思い付かない・・・。



ハーバーランドは、最近ますますアンパンマン目当ての来訪者の比率が上がっているように感じる。アチコチにアンパンマン関連のサインやオブジェがみられ、まるでアンパンマンランドだ。それにしても、アンパンマンの頭って、こんな球形だったのかぁ。アンパンとしては食べにくそうな形だ。



中突堤中央ターミナルから、ちょうど帆船が出航していく。船って、乗るのはあまり好きではないけれど、見ている分にはとても優雅だ。



ポートタワー。一体何回この写真を撮っていることだろうか、と思いつつ、今日も撮影してしまう。このブログも投稿数が600本を超えたが、最も登場回数の多い建造物のひとつではないかと思う。



ポートタワーの下に、お目当てのスタンプを発見。さあ、コンプリートまで、あと一つ。



最後のスタンプは、ポートタワーに程近い神戸海洋博物館。なかなかに斬新な意匠の建物だ。



海洋博物館で最後のスタンプを押印し、6つのスタンプが揃った。が、記念品受け取りのためには明石まで出向かねばならない。う~ん、まさか記念品だけのために明石まで電車に乗っていく訳にはいかない。明石付近のウォーキングコースを考えねば・・・。



未だ3kmほどしか歩いておらず、さすがにウォーキングをここで終了する訳にはいかない。開港150年で盛り上がる神戸港を散策しながら、以前から気になっていた摩耶大橋を目指して西に進む。



もっとも、150年の間、順風満帆であろうはずがなく、様々な苦労の末に、今日の賑わいがある。特に、阪神大震災で、神戸港が大きな被害を受けたことは決して風化させてはならないのだが、震災モニュメントゾーンには、あまり人が見当たらない。



海軍操練所跡。勝海舟の建言で設立された海軍士官養成機関で、坂本龍馬や陸奥宗光などが学んだことで知られる。大きな錨と分厚い書籍が組み合わされた記念碑があるが、思うに、実践と理論の双方を養成したということなんだろう。



神戸港を東に進む。昭和初期頃の建設と思われる古い建物がかなり目立つ。この神戸税関もその一つ、と思って、写真に収めたが、調べてみると平成に入って一部を残して大改築されていた。歴史的建造物のイメージを残しつつ、うまく改築したものだ。



摩耶大橋に向けて、西へ西へと進むが、およそ歩行者の存在を無視したような道が続く。そもそも、摩耶大橋が歩いて渡れるかどうか、徐々に心配になってくる。



大型倉庫が建ち並ぶ道を進む。倉庫や港湾に勤める人達の通勤用として市バスが運行している。標識の縦木に記された停留所名が、手書きでとてもレトロな雰囲気だ。



摩耶大橋は有料、という標識が現れるが、歩行者に関する情報は無い。摩耶大橋は、ポートアイランドとハーバーランドを結ぶハーバーハイウェイができる前からあった港湾道路なので、管轄も「みなと総局」となっている。



どんどん東に進んでいくと、おお、歩行者用の階段があるではないか。って、資材置き場の中にあるようで、一体どうやって、あの階段に辿りつけるのだろうか・・・。



摩耶埠頭を見渡すことができる岸壁まで出てきた。あらためて見ると随分長い橋だ。なんとかして渡りたいものだ。



で、資材置き場の中に入り込み、ようやく階段までやってきた。ここまで立入禁止の標識は無かったはずだが、こんなところに入り込んでいいんだろうか。一般歩行者用の階段には見えないし、周囲に人の気配は全く感じられない。



意を決して、階段を上っていく。登り切ったところ、車道との間の縁石は低く、フェンスも低い。手摺りもない。



歩くには少々おっかない橋だ。車の通行で橋は結構揺れるし、風も気になる。そもそも高所は苦手なのに、えらいトコに来てしまった・・・。フェンスが低いので眺望がいいんだけれど、その分怖い。なんだか心臓がバクバクする。



へっぴり腰で摩耶大橋を渡り切り、摩耶埠頭に到着。やれやれである。もう二度と歩くことはなかろう。車は110円の通行料を払わなければならないが、歩行者は無料だ。



未確認ながら、さらに灘浜に渡る道も歩けないものかと思って、東に進んだが、ハーバーハイウェイの高架はドンドン高度を増し、階段も現れないまま岸壁に至る。



灘浜に橋で渡ることは諦めて、積み上げられたコンテナのなかを通って帰路につく。よく見ると、ただの箱と思っていたコンテナの後ろに機械が付いたものがある。空調機だ。温度管理が必要な品物は、こうした空調機付きのコンテナで運ばれるようだ。



阪神電鉄の西灘駅に戻って、今日のウォーキングはお終い。10km強の距離だったが、この暑さでは、この程度の距離で留めておくのが無難だ。



平日とはいえ、ハーバーランドは観光客で大賑わい、逆に港湾地区は作業もなく静かな限りだった。もっとも、世間的にも夏休み気分は今日あたりまでだろうが、明日は出勤と思うと気が重い。